余白

沖田総司嵯峨野の北部に位置するふたつの池をめぐります。嵐山の渡月橋付近に較べると、観光に訪れる人も少なく、少し寂しげです。しかし、それがこのポイントの「味」でもあります。芦原に白鷺が舞う自然の姿に風情を感じます。ここはしみじみとした「野」の桜。華やかさの対極にある姿も、また、よいものです。

余白

京都桜散策おすすめスポット

大沢池と大覚寺

大沢池と大覚寺の桜水面に映るお寺と桜を愛でる

大覚寺は、平安時代初期に嵯峨天皇が離宮として造営したものを、寺に改めたものです。観月の名所として知られますが、桜の名所でもあります。池に写る姿が情趣をかもし出しています。

【見頃】3月下旬〜4月初め
【ライトアップ】ー

広沢池

広沢池の桜何もない、さりげない池のほとりの桜

広沢池は大沢池に較べても、さらに何もない池です。静かな池のほとりに咲いている…ただ、それだけです。嵯峨野の桜は、自分の心の内を見つめながら見るものなのかも知れません。

【見頃】3月末〜4月上旬
【ライトアップ】ー

佐野園

佐野園の桜京都の桜守りさんの庭

佐野園のオブジェ京都各地の造園や木々の世話を手掛け、「桜守り」として知られる佐野籐右衛門さんの私有地で、桜の時期に公開されます。
ヘンな石のオブジェが置いてあります。それが何か、言えませんって…(^^;)。と言いたいところですが、「秘」写真をクリックすれば、見れます。

【見頃】3月末〜4月上旬
【ライトアップ】○

★下のポイント名をクリックすると、地図の中央に表示されます。★

大沢池と大覚寺  広沢池  佐野園  

西行の桜の和歌【大沢池(大覚寺)へのアクセス】

●京都駅から
市バス28系統「嵐山・大覚寺」行きに乗り、「大覚寺」下車(約1時間)→徒歩約3分
●四条河原町から
市バス嵐山嵯峨・山越行きに乗り、「嵐山」で「大覚寺行き」に乗り換え(約1時間10分)→徒歩約3分


【広沢池へのアクセス】

広沢池近くにバス停はありますが、本数が非常に少なく、乗り継ぎも必要なので、「大覚寺」から歩いてください。500mくらいの距離です。

【旅のメモ】

大沢池と広沢池は嵐山・嵯峨野の玄関口、渡月橋からでも徒歩で20分くらいですが、渡月橋周辺でレンタサイクルを借りると、とても楽にまわることができます。


【ほかの桜めぐりコースとの組み合わせ】

●嵐山の玄関口、渡月橋や天龍寺などと組み合わせるのがよいでしょう。車なら仁和寺や龍安寺も近いですが、バスは本数が少なく、乗り換えも必要なので、お勧めしません。
「京都の桜:嵐山・嵯峨野周辺」へ


余白 風の旅 京都観光街めぐり 京都の桜はここがすごい!

Copyright © 「京都観光 街めぐり」 All Rights Reserved.