余白

先祖の霊(おしょらいさん)を送る、京都の夏の夜の風物詩

大文字

▲大文字

8月16日、夜の闇が迫る頃、真夏の京都の夜空に炎が燃え上がります。「点いた! 点いた!」とあちこちから声が上がり、それからしばらく、京都の街はひと時の幽玄の世界に包まれます。

送り火は、東山如意ヶ嶽の前山の「大」、松ヶ崎西山の「妙」・東山の「法」、西賀茂船山の「船形(精霊船)」、大北山の「大(左大文字)」、嵯峨仙翁寺山(万灯籠山・曼荼羅山)の「鳥居形」の6つ。

おや、五山なのに6つですね。これは「妙」と「法」の字の松ヶ崎西山・東山をひとつと数えるためです。まとめて「妙法」とも呼ばれます。

五山送り火は京都市内のほとんどの場所から見られますが、火が焚かれる5つの山々は離れているため、一度に見られるスポットはあまり多くありません。
むしろ多くの送り火を一度に見ようとすると、ひとつひとつが小さくなりがちですので、どこかに的をしぼって、近づいて見る方がよいでしょう。以下によいポイントを挙げてあります。
燃えている時間は案外短く、30分間くらいしかありません。あらかじめどこで見るかを決めて、少し早めから待つようにしましょう。

送り火は右側の大文字から始まって、順に北へ向かって左に火が灯されていき、約20分で五山に火が入ります。開催日および点灯時刻は下記の通りです。

開催日 8月16日(鳥居形 20:20←左大文字 20:15←船形 20:10←妙法 20:05←大文字 20:00)

五山の点灯時刻
五山の点灯時刻 五山の点灯時刻

大文字を正面から見たい!

五山送り火のメインとも言える大文字は、北西を向いています。これは現在の京都御苑のやや北西にあった室町幕府の御所の方角を向いているためです。京阪線の出町柳駅周辺が、まさに正面です。賀茂大橋や賀茂川と高野川が合流する一帯の川岸などがよいでしょう。

賀茂大橋

京都→JR奈良線で東福寺へ(3分)。京阪線に乗り換えて、出町柳へ(特急で8分)。

見える文字・形:大文字、妙法

大文字が正面を向いているのは、この一帯です。京都市内をYの字に流れる賀茂川と高野川が合流する橋の上から、気持ちよい川風に吹かれながら、送り火を見ます。周辺は三角州となっています。京都駅から割とアクセスしやすいのもメリットです。

高野川べり

京都→JR奈良線で東福寺へ(3分)。京阪線に乗り換えて、出町柳へ(特急で8分)。→徒歩で高野川へ出たら、北寄りに進む。

見える文字・形:大文字、妙法

京阪本線の出町柳駅周辺は大文字の正面だけあって、人・人・人…ですが、その中で比較的ゆっくり見ようとすれば、高野川べりへ出るのがよいでしょう。妙法もよく見えます。川岸なので心地よい風を受けながら、夕涼みに最適です。

吉田山公園

交通:京都→市バス17系統「銀閣寺・錦林車庫行き」で「北白川」へ→徒歩5分。

見える文字・形:大文字、左大文字、妙法

大文字を、真向かいの丘から間近で見るという点では最高のスポットです。左大文字、妙、法も見ることができます。
山頂へ向かうには、暗い中を歩くので、懐中電灯があった方がよいでしょう。慣れないと道はわかりにくいかもしれませんし、場所取りも必要ですから、やや早めに行くのをお勧めします。

鴨川べり・京都御苑

交通:
<鴨川>京都から市バス 4系統「四条河原町・上賀茂神社行」に乗り、府立医大病院前で下車(30分)。
<京都御苑>京都から地下鉄烏丸線で丸太町へ(15分)。

見える文字・形:大文字

鴨川の岸は、川風に吹かれながら見る、大文字の定番スポットです。また、近くの京都御苑も広場になっており、とくによいとは言えないまでも、繁華街としてはまずまずのポジションです。当日は夜も解放されます。大文字は北西を向いているので、北に寄るのがよいでしょう。
余談ですが、京都市内をYの字の形で流れる川は、西を賀茂川(加茂川)、東を高野川といい、合流すると鴨川となります。

妙法を近くで見たい!

松ヶ崎駅周辺

交通:京都駅から地下鉄烏丸線で17分

見える文字・形:妙法、船形、大文字

妙駅から北山通りへ出ると、法の字のポイントです。大文字も見えます。北山通りを西へ向かい、ノートルダム女子大のあたりまで行くと、妙の字が間近に見えます。さらに西へ歩くと船形もきれいな角度で見えます。送り火の時間に合わせて、東から西へ歩くといろいろ楽しめます。

左大文字を間近に、いろいろな火を楽しみたい!

賀茂川べり

交通:京都→地下鉄烏丸線に乗り、「北大路」で下車(15分)。→徒歩数分

見える文字・形:大文字、左大文字、船形・妙法

大文字、左大文字、妙法、船形の4山の火が、まんべんなく見えます。賀茂川に出て、涼しい風に吹かれて見るのも一興です。多くの火が見やすいポジションだけあって、賀茂川沿いの近くの道路は、北大路橋の南側から、北の北賀茂神社近くまで、歩行者専用道路となります。

船岡山公園

交通
◎京都→市バス 206系統「大徳寺・北大路バスターミナル行」に乗り、「ライトハウス前」で下車(35分)。→徒歩5分。
◎京都→市バス 101系統「二条城・北野天満宮・金閣寺行」に乗り、「千本北大路」で下車(40分)。→徒歩5分。 ◎京都→地下鉄烏丸線に乗り、「北大路」で下車(15分)。→市バス205系統「九条車庫前行き」で「船岡山」下車→徒歩5分。

見える文字・形:左大文字、船形、大文字(妙、法も見られる)

金閣寺の東、大徳寺の南に位置する小高い丘の公園です。丘に上る分、見やすくなり、鳥居形以外は全部見ることができます。見る地点によって微妙に違うので、公園内を歩き回って楽しむとよいでしょう。

西大路通

交通:京都からJR山陰本線で「円町」へ(8分)。

見える文字・形:左大文字、大文字、船形

西大路通は、北の金閣寺から南の阪急「西院」駅を結ぶ、南北にまっすぐ伸びた通りです。この通りはやや遠景となりますが、左大文字をはじめ、さまざまな送り火を楽しめます。京都駅からはJRで「円町」をめざせば短時間でアクセスでき、西大路通の真ん中へんに出られます。

嵐山・嵯峨野の五山の送り火ビューポイント

鳥居形の火が焚かれる曼荼羅山は標高100mくらいの低山なので、京都の街中からは高いビルに上らない限り、なかなか見えません。現地へ入りましょう。灯籠流しも行われるので、雰囲気は抜群です。

渡月橋

交通:京都駅から:京都駅→市バス 28系統「嵐山・大覚寺行」に乗り、「阪急嵐山駅前」下車(50分)→徒歩3分。

見える文字・形:鳥居形

五山の送り火の中でも西の端に位置する鳥居形を見るスポットです。精霊(おしょらいさん)を送る嵐山灯籠流しも行われます。渡月橋のほとりは嵐山公園となっており、そこも足場のよいポジションです。渡月橋の南寄りにある松尾橋からもよく見えます。

広沢池

鳥居形交通:京都駅から:京都駅→市バス75系統「映画村・山越行」に乗る(50分)→「山越中町」で市バス 59系統「四条河原町・三条京阪行」に乗り換え、「広沢池・佛大広沢校前」で下車(5分)→徒歩5分。
京都駅→JR山陰本線に乗り、「嵯峨嵐山」で下車(15分)→タクシーで現地へ(徒歩1.5km)

見える文字・形:鳥居形

鳥居形を間近で見られるスポットです。交通の便がよくないのが難点ですが、灯籠流しも行われ、幻想的な雰囲気は最高です。

★京都市内のバス・電車の乗り換えについては、次のサイトがお勧めです。スマホアプリを入れておくと便利です(アプリ無料)。
【HP】バス・鉄道の達人「歩くまち京都」

★下のポイント名をクリックすると、地図の中央に表示されます。★

【ポイント】賀茂大橋  高野川  吉田山公園  京都御苑  松ヶ崎駅  賀茂川  船岡山公園  渡月橋  広沢池  
【五山】大文字  左大文字  妙  法  船形  鳥居形  
※地図上の五山の文字や形の方向は、実際の方向に合わせてあります。

風の旅TOP(全国)

余白 京都観光コース 京都のお寺と神社 京都の祭り 京都の桜 京都の紅葉 京都のホタル 京のことの葉
風の旅 京都観光街めぐり 京都の祭り