余白

吉田兼好きぬかけの路の北側、少し山間の高峯の紅葉をめぐってみようかの。このエリアには、常照寺、源光庵、光悦寺、吟松寺、しょうざん光悦芸術村など、小さいが味わい深い紅葉の名所が集まっておる。最後に、少し京都市中方面へ下りて、大徳寺の塔頭の高桐院へ向かってみるのもよかろう。晩秋の参道の景色は最高じゃ。

余白

京都紅葉散策おすすめスポット

源光庵

秋の源光庵の窓円窓から見る紅葉

秋深し。丸い窓は「悟りの窓」、四角い窓は「迷いの窓」と呼ばれています。どちらから見る秋もきれいですが、さて、悟りは近いでしょうか?

【見頃】11月中旬〜12月上旬
【ライトアップ】ー

常照寺

常照寺の紅葉朱色の門に紅葉のあでやかな取り合わせ

本阿弥光悦が発願し、日乾上人が建てたお寺です。名芸妓として一世を風靡した吉野太夫ゆかりの寺でもあります。写真は吉野太夫が寄進した吉野門です。

【見頃】11月中旬〜12月上旬
【ライトアップ】ー

光悦寺

光悦寺垣と紅葉光悦寺垣に映える紅葉

江戸時代の芸術家、本阿弥光悦が徳川家康からこの地を賜ったのが始まりです。垣根は光悦寺垣と呼ばれ、今でも日本庭園の垣根の代表のひとつ。そこに朱色の樹々が美しく彩ります。

【見頃】11月中旬〜12月上旬
【ライトアップ】ー

吟松寺

秋の吟松寺林間にある美しい紅葉の寺

高峯に行ったら見ておきたいのが、吟松寺。非公開なので中には入れません。外から見るのみです。ホテル然林房の前をしょうざん光悦芸術村の方へ少し行くとあります。

【見頃】11月中旬〜12月上旬
【ライトアップ】ー

しょうざん光悦芸術村

しょうざん光悦芸術村和風の庭園で楽しむ秋

川沿いに小道を下ると、リゾート施設「しょうざん光悦芸術村」に着きます。35000坪の庭園にはカエデの木が植えられ、ひなびた風情の紅葉を楽しめます。

【見頃】11月中旬〜12月上旬
【ライトアップ】ー

高桐院

高桐院の参道秋の参道は、京都有数

高桐院は、大徳寺の子院です。ほかのポイントが山上にあるのに対して、街中のはずれにあります。参道は短いながら両側にはカエデの木が並び、散り紅葉の美しさはなかなかのものです。本道前庭も「楓の庭」と呼ばれる見事さ。緑の苔に朱や黄が映えます。

【見頃】11月中旬〜12月上旬
【ライトアップ】ー

源光庵  常照寺  光悦寺  吟松寺  しょうざん光悦芸術村  高桐院  

春道列樹の和歌【高峯へのアクセス】

●京都駅から
地下鉄烏丸線で「北大路」で下車し、北大路バスターミナルから「玄啄(げんたく)行き」に乗り、「高峯源光庵」下車。
●四条河原町から
市バス「北大路バスターミナル行き」に乗り、「北大路バスターミナル」で「玄啄行き」に乗り変え、「高峯源光庵」下車。


※他ルートがある場合もあります。また、所要時間は目安です。渋滞にはご注意ください。


★しょうざんー高桐院の間★

「土天井町」のバス停から「千本通・四条大宮行き」に乗り、「仏教大学前」で下車。→徒歩8分


【この地域の観光コースガイド】

大徳寺と高峯のゆかしい寺々


【ほかの紅葉めぐりコースとの組み合わせ】

●しょうざんから金閣寺へは、「土天井町」のバス停から「千本通・四条大宮行き」に乗り、「千本北大路」で下車。金閣寺方面行きのバスは多いので、それに乗り換えて「金閣寺道」下車。
「金閣寺・龍安寺周辺の紅葉」へ


余白 風の旅 京都観光街めぐり 京都の紅葉はここがすごい!

Copyright © 「京都観光 街めぐり」 All Rights Reserved.