余白

淀君「小倉山 峰のもみぢば 心あらば 今ひとたびの みゆきまたなむ」と歌に詠まれた嵯峨野小倉山周辺から辺縁の地へ、愛宕街道の方に向かって、歩いてみましょう。愛宕街道は、近畿の原風景が残る一帯です。渡月橋周辺の喧噪を避けて、深い世界へ。あでやかであるとともに、寂しい秋の風景を心静かに楽しみましょう。

余白

京都紅葉散策おすすめスポット

常寂光寺

常寂光寺の紅葉小倉山の山寺の輝く紅葉

常寂光寺は、知る人は少ないけれど、京都でもとくに美しいお寺のひとつで、紅葉の美しさは嵯峨野随一とも言われます。起伏に富んだ境内が、紅や黄色に彩られます。雅びで品格のある山寺の秋を楽しみましょう。

【見頃】11月中旬〜12月上旬
【ライトアップ】ー
常寂光寺の紅葉についてくわしく

二尊院

二尊院の境内「紅葉の馬場」と名高い嵯峨野の名所

二尊院は、『百人一首』で知られる小倉山のふもとにあり、門の向こう側の参道は広く、そこに広がる馬場は秋の風情たっぷり。馬に乗った侍が似合いそうです。

【見頃】11月中旬〜12月上旬
【ライトアップ】ー

厭離庵

秋の厭離庵の庭血のように真っ赤な紅葉

藤原定家が暮らした山荘と伝えられる草庵です。普段は非公開ですが、秋のこの時期には入ることができます。小さくて奥ゆかしいたたずまいの庭です。厭離庵の特徴は、とにかくその赤さ。これほど真っ赤な紅葉は、京都でも稀です。

【見頃】11月下旬〜12月上旬
【ライトアップ】ー
厭離庵の紅葉についてくわしく

祇王寺

祇王寺の庭京都の「散り紅葉」の真骨頂

平清盛の寵愛を受けながら捨てられた白拍子、祇王が暮らした草庵です。秋には、立ち並ぶカエデの木と降り積もった赤や朱の落ち葉で一面赤に染まり、見事な光景となります。祇王寺の木々は背が高いため、見上げるのではなく、散り紅葉を愉しみます。

【見頃】11月下旬〜12月上旬
【ライトアップ】ー
祇王寺の紅葉についてくわしく

化野念仏寺

化野念仏寺の紅葉石仏・石塔とよく合う紅葉

化野(あだしの)は平安の昔、風葬の地でした。そこに弘法大師が建てたと伝わる化野念仏寺の石仏群はなんとも風情がありますが、秋にはその石仏・石塔と紅葉がよく映えて、格別の美しさとなります。

【見頃】11月中旬〜12月上旬
【ライトアップ】ー

愛宕念仏寺

愛宕念仏寺の秋苔むす石の羅漢像が映える晩秋

信者たちが彫り上げて寄進した1200体の石の羅漢は、真面目な顔あり、笑顔あり。どれひとつとして同じ顔がなく、素朴で味わいがあります。秋にはその石の羅漢たちと樹々の紅葉が溶け合い、何とも味わい深い景色となります。

【見頃】11月中旬〜12月上旬
【ライトアップ】ー

常寂光寺  二尊院  厭離庵  祇王寺  化野念仏寺  愛宕念仏寺  

藤原忠平の和歌【常寂光寺へのアクセス】

●京都駅から
JRで「嵯峨嵐山」へ(約15分)
または市バス20系統「嵐山大覚寺行き」に乗り、「嵐山」下車(約30分)、渡月橋からは徒歩15〜20分ほど。
●四条河原町から
市バス11系統「嵯峨・山越行き」に乗り、「嵐山」下車、渡月橋からは徒歩15〜20分ほど。


※愛宕念仏寺を最初にまわって、坂道を下りながら渡月橋へ向かうのも、よい方法です。
JR京都駅から、京都バス(市バスではなく、ターミナルでも一番駅に近いところ)に乗り、「おたぎでら」下車すぐ。

※他ルートがある場合もあります。また、所要時間は目安です。渋滞にはご注意ください。

【この地域の観光コースガイド】

嵐山・嵯峨野をめぐるスタンダードコース
トロッコ列車と保津川下り


余白 風の旅 京都観光街めぐり 京都の紅葉はここがすごい!

Copyright © 「京都観光 街めぐり」 All Rights Reserved.