優美な貴族の文化が花開いた古都、京都では、日本最高峰の紅葉の庭園美を楽しむことができます。東山は、比較的京都駅からバスで行きやすくて、東福寺、清水寺、高台寺、南禅寺、永観堂などの名所が目白押し。また、嵐山・嵯峨野も平安の昔、貴族たちが紅葉狩りを楽しんだだけあって、名所が集まっています。嵐山・嵯峨野エリアには宝筐院、祇王寺、厭離庵など、ひなびた小さなお寺が多いのが特徴です。東福寺や清水寺の圧倒的な紅葉もいいですが、小さなお寺のしみじみした紅葉もいいものです。小さなお寺は、高峯もいいですね。
時期はここ何年か11月下旬が見頃です。中旬だと少し若め、12月だと散り紅葉を味わうのが基本で、それは大筋で変わりません。最高の状態を見たいなら、11月下旬というのは動かないでしょう。待ちきれずに動く方のお気持ちはわかります。私も紅葉を見に行って、「もうちょっとだな」というわけで、また見に行ったりしていますから。新幹線代とホテル代を出して(馬鹿ですね)。
★見頃情報については、次のサイトがお勧めです。
京都・滋賀の紅葉情報(京都新聞)

京都の紅葉

お勧めのお寺や神社についてまとめてみました。もっとたくさんあるのですが、書くのがたいへんなので、少しだけ…。

東福寺の紅葉 押しも押されぬ京都の紅葉の真打ちといえば、東福寺。圧倒的な規模で迫ってきます。

清水寺の紅葉 京都で一番人気の名所は、紅葉も最高。規模が大きく、昼も夜もきれいです。

高台寺の紅葉 豊臣秀吉の妻ねねのお寺の紅葉は、とてもきれい。とくに夜景は神秘的。

南禅寺の紅葉 京都五山の別格上位の格式ある南禅寺は、紅葉も見事です。

永観堂の紅葉 古くから「もみじの永観堂」と呼ばれる、東山の名所です。

宝筐院の紅葉 しみじみとした風情の紅葉を味わいたい人にイチオシです。

厭離庵の紅葉 小さな小さな庵ですが、血のように赤く、すごい美しさです。

祇王寺の紅葉 晩秋の散り紅葉におおわれた境内は、京都らしい秋の風情がたっぷり。

宝厳院の紅葉 境内は計算し尽くされたような庭園美の極致。紅葉も最高級です。

常寂光寺の紅葉 閑寂でよい雰囲気のただよう、嵯峨野の紅葉の名所です。

宝泉院の紅葉 シーンと静まり返った夜のライトアップは、きれいすぎて怖いくらい。

神護寺の紅葉 京都郊外の山寺の名紅葉です。階段が多いのが難点ですが、早い時期から楽しむことができます。

京都・もみじ狩りのお勧めコース

1.嵐山・嵯峨野に極上の紅葉を訪ねる

期待が高まる渡月橋周辺

山が赤や黄色に染まる嵐山、庭園美で魅せる天龍寺、深々と積もった落ち葉が美しい鹿王院、宝厳院など美しい名所が集まっています。

秋の渡月橋 渡月橋の位置

嵯峨野から愛宕街道にかけて

嵯峨野には、錦秋の名所が数々集まっています。見上げるのもよし、散って降り積もったものもよし。京都の風情がたっぷりの、小さなお寺や史跡をめぐりましょう。

晩秋の祇王寺 嵯峨野から愛宕街道の位置

嵯峨野から大沢池にかけて

嵯峨野から大沢池方面に向かうと、見事な秋の名所がそろっています。京都らしい、気品ある景色を楽しむことができます。

秋の大覚寺 嵯峨野から大沢池の位置

【京都の紅葉の楽しみ方講座1】
■早めの紅葉 vs 散り紅葉
基本的にはベストシーズンに行くのがお勧めですが、待てないんですよね。すると少し早めということに。
早めの場合、対処法としては次のようなことがあります。
1.ハシリの紅葉を楽しむ:季節を先取りしましょう。
2.ライトアップを愛でる:若い紅葉でも、相当にきれいです。
3.山間の紅葉を見に行く:街中から距離があり、健脚向きですが、高雄の神護寺などは早めです。
※その他、例年比較的早めな名所としては、南禅寺の塔頭(子院)に当たる天授庵などがあります。
一方、散り紅葉はまさに京都の紅葉の真骨頂。嵐山・嵯峨野が中心です(お勧めは宝筐院、厭離庵、祇王寺など)。

2.東山に京都を代表する秋を愛でる

王者、東福寺周辺

名所として名高い東福寺を中心とするエリアです。眼下に広がる真っ赤な海は、見事の一言。京都最高レベルの紅葉を見ることができます。

錦秋の東福寺 東福寺の位置

清水寺から青蓮院へかけて歩く

京都で一番人気の清水寺は、紅葉の名所でもあります。「ねねの寺」高台寺も、また見事。ライトアップした雅びな秋の光景を鑑賞することができます。

秋の清水寺 清水寺の位置

永観堂・南禅寺と哲学の道周辺

「もみじの永観堂」と呼ばれる永観堂をはじめ、南禅寺、法然院、安楽寺、天授庵といった秋の名所をたどる散策コースです。

秋の永観堂 永観堂の位置

【京都の紅葉の楽しみ方講座2】
■木をおおう紅葉vs下を見る紅葉
見上げる紅葉か、下を見る紅葉か、ということです。見上げる紅葉なら、清水寺、永観堂、南禅寺など、多数あります。
下を見る紅葉は「散り紅葉」のこと。たとえば嵐山・嵯峨野の祇王寺は木の背が高く、見上げるとちょっと大変。その代わり、散り紅葉は絶品です。

3.北東の山麓に晩秋の風景を愛でる

詩仙堂・曼殊院周辺

小さくて優美な庭園を持つお寺が集まっているエリアです。燃えるように鮮やかな紅葉を楽しみながら、散策しましょう。

紅葉の詩仙堂 詩仙堂の位置

京都大原の里

大原は街中では失われてしまった京都らしさの残る美しい山里。秋の美しさは、またひとしおです。

秋の三千院 大原の位置

輝く鞍馬山の紅葉と実相院

パワースポットの鞍馬寺と京都を代表する縁結びの神様貴船神社、さらに「床紅葉」で有名な岩倉実相院を併せてめぐるコースです。

朱色に照る実相院の床 鞍馬山の位置

【京都の紅葉の楽しみ方講座3】
■大規模紅葉か、小さなポイントか?
大規模紅葉では、東福寺と清水寺が双璧でしょう。小さなポイントは嵐山・嵯峨野あるいは高峯などに集まっています。私自身は小さなポイントの方が風情が感じられて好きです。しかし、東福寺と清水寺の壮麗さはまさに東の横綱と西の横綱の貫禄で、たぶん全国でも別格だと思います。

4.きぬかけの路と高峯を訪ねる

金閣寺・龍安寺周辺

きぬかけの路沿いの三大寺院、仁和寺、龍安寺、金閣寺を中心に、等持院と「学問の神様」北野天満宮の秋をたどってみましょう。

秋の金閣寺 金閣寺の位置

高峯をめぐり、高桐院へ

小さいけれど味わい深い秋の名所が集まっている高峯をめぐり、高桐院の美しい庭を愛でます。

円窓から見た源光庵 高峯の位置

5.京都の街中に美しい秋の風景を訪ねる

街中で楽しめる京都御苑と下鴨神社

京都御苑は手軽でありながら、秋には美しい朱に染まる名所です。そして、下鴨神社の糺(ただす)の森は、清新な気が満ちたスポットです。

下鴨神社の糺の森 京都御苑と下鴨神社の位置

【京都の紅葉の楽しみ方講座4】
■日中の紅葉vsライトアップ
紅葉は昼間に見るのもきれいですが、夜のライトアップは幻想的で神秘的。夕食をとったあとはそのまま宿に帰らず、どこか1ヶ所でもよいので、ライトアップされた紅葉を見てください。どこがよいか、わからないときは、清水寺か高台寺へ。

6.名所、神護寺のある三尾の山々を歩く

神護寺と三尾の山々

石段が長く続いて万人向けではありませんが、美しい秋の景色を観ることができます。神護寺を中心に、3つの山寺をめぐります。

神護寺のライトアップ 神護寺の位置

7.京都南西・南東のエリアの美しい秋の風景

醍醐山の紅葉

醍醐山周辺の3つのお寺をめぐります。とくに醍醐寺は見事。味わい深い秋の景色を見ることができます。

晩秋の醍醐寺 醍醐山の位置

【京都の紅葉の楽しみ方講座5】
■人工の美vs自然の美
京都の紅葉の美しさは、基本的に日本の庭づくりの技術が生んだ人工美です。この美しさは、京都ならではでしょう。一度、その深さを知ってしまうと、ほかが物足りなくなるほどです。一方、山間の名所を歩くと、自然の紅葉を楽しめます。これもまた、よいものです。さて、どちらがきれいかと言えば、やはり人工美だと思います。山間よりは街中がきれい。でも、山間もいい。それが京都です。

秋色に染まる山科

山科のスポットをめぐります。毘沙門堂と山科聖天(双林院)で、美しい風景が見られます。秋の京都の穴場的スポットです。

秋の毘沙門堂 毘沙門堂の位置

深く色づく宇治

10円玉で有名な世界遺産の平等院から「京の花寺」三室戸寺まで歩いて紅葉狩りを楽しみます。途中、宇治市源氏物語ミュージアムも楽しめます。

秋の平等院 宇治の位置

美しい自然の紅葉

大原野は京都でも訪れる人が少ない丘陵地。交通はちょっと不便ですが、心静かに紅葉狩りを楽しむことができます。

秋の金蔵寺 大原野の位置
京都観光街めぐり

(c)このホームページのコンテンツは著作権法により保護されています。無断転載を禁じます。

風の旅

紅葉ミニ事典

落葉する前に葉が赤くなることを紅葉といいます。習慣的に黄葉、褐葉も含みます。昼は暖かく、夜は寒いところでよく色づきます。

カエデ科

イロハモミジ

▲イロハモミジ

代表的なカエデです。葉は小さくて切れ込みが深く、赤や黄色に染まります。
【分布】本州〜九州
【高さ】4〜15m


オオモミジ

▲オオモミジ

やや葉が大きく、赤くなるものや黄色くなるものがあり、園芸種も多くつくられています。
【分布】北海道〜九州
【高さ】4〜10m

ウルシ科

ハゼノキ

▲ハゼノキ

山野で最も美しく赤く染まる紅葉のひとつです。触ると、かぶれるので注意が必要です。
【分布】関東地方以西
【高さ】5〜10m


ツタウルシ

▲ツタウルシ

木の幹や岸壁などによじ登るつる性植物です。秋には美しい紅葉となります
【分布】北海道〜九州
【高さ】ー

バラ科

桜

▲サクラ

花を愛でるソメイヨシノやヤマザクラの紅葉です。京都でもよく見られます。
【分布】本州〜九州
【高さ】10〜15m


トチノキ科

トチノキ

▲トチノキ

手の平くらいの大きな葉です。黄色〜褐色に染まります。
【分布】北海道〜九州
【高さ】高木

イチョウ科

イチョウ

▲イチョウ

葉は美しい黄色に染まります。実は銀杏として、食用とされます。
【分布】北海道〜九州
【高さ】高木

ミズキ科

ハナミズキ

▲ハナミズキ

庭木や街路樹として人気があるため、身近で見られる紅葉となります。濃い赤に染まります。
【分布】北海道〜九州
【高さ】3〜8m

ミズキ

▲ミズキ

山地や低地に見られる木です。紅葉は黄色を基本として、時々赤味を帯びることもあります。
【分布】北海道〜九州
【高さ】高木

ツツジ科

ドウダンツツジ

▲ドウダンツツジ

鮮やかな赤に染まるため、庭や公園によく植えられます。
【分布】関東地方以西
【高さ】1〜3m