余白

光源氏「もみじの永観堂」と呼ばれ、見事な紅葉で魅せる永観堂をはじめ、南禅寺、法然院、安楽寺、天授庵といった名所をたどります。ここは、京都観光の王道コースのひとつ。銀閣寺もこの近くなので、併せて立ち寄ることをお勧めします。哲学の道沿いの桜も、秋らしい風情で朱色に色づきます。

余白

京都紅葉散策おすすめスポット

天授庵

天授庵の紅葉枯山水が映える紅葉の庭

南禅寺の子院にあたる天授庵の庭は四角形の敷石を幾何学的に配置した格調高いもので、紅葉が映えます。この寺の見頃は、例年やや早目です。

【見頃】11月上旬〜11月下旬
【ライトアップ】○(11月半ば〜11月末/17:30〜20:45/ただし、紅葉の具合により変更あり。)

南禅寺

秋の南禅寺水路閣広大な境内を彩る紅葉

南禅寺は広い境内を持つ東山の名刹です。境内のあちこちに配置された色づく樹々は変化に富み、飽きません。時間に十分な余裕を持って、まわってください。写真は、明治時代の遺構の水路閣です。

【見頃】11月下旬〜12月上旬
【ライトアップ】ー

永観堂(禅林寺)

秋の永観堂の門秋はもみじの永観堂!

平安時代のころから紅葉の名所とされ、「秋は紅葉の永観堂」のキャッチフレーズで知られています。深紅のカエデと黄色いイチョウの織りなす風情は最高です。京都で最も人気のあるスポットのひとつです。

【見頃】11月中旬〜12月上旬
【ライトアップ】○(11月中旬〜12月初旬/17:30〜20:30受付終了)
永観堂の紅葉についてくわしく

真如堂(真正極楽寺)

秋の真如堂三重塔に映える深紅

三重塔などの建物と赤い樹々の色が絶妙にマッチしながら、境内は秋色に埋まります。モミジだけでなく、イチョウも植えられ、赤と黄のコンビネーションが見事です。なお、寺名は真如堂と呼ぶのが一般的です。

【見頃】11月下旬〜12月上旬
【ライトアップ】ー

安楽寺

紅葉に包まれた安楽寺秋色におおわれる茅葺きの門

門前にカエデの木が並び、石段を散り紅葉がおおう様は、実に風情があります。通常は非公開ですが、この時期に合わせて文化財の特別公開が行われます。

【見頃】11月下旬〜12月上旬
【ライトアップ】ー

銀閣寺

銀閣寺の秋秋の風情の庭園を楽しむ

銀閣寺の境内はほかの名所ほどでないですが、品よく色づき、秋を堪能できます。また、周囲にはモミジの木が多く、季節になると境内全体を借景の朱色で囲まれます。

【見頃】11月下旬〜12月上旬
【ライトアップ】ー

天授庵  南禅寺  永観堂(禅林寺)  真如堂(真正極楽寺)  安楽寺  法然院  銀閣寺  

文屋康秀の秋の和歌【南禅寺・永観堂へのアクセス】

●京都駅から
地下鉄烏丸線で「烏丸御池」へ(約5分)
→地下鉄東西線に乗り換え、「蹴上」下車(約6分)→南禅寺まで徒歩約7分。永観堂まで徒歩約10 分。


※他ルートがある場合もあります。また、所要時間は目安です。渋滞にはご注意ください。


【この地域の観光コースガイド】

銀閣寺から平安神宮へ


【ほかの紅葉めぐりコースとの組み合わせ】

●南禅寺・永観堂から清水寺・高台寺へは、地下鉄東西線「蹴上」から「東山」へ出て、「東山三条」のバス停から南へ向かう市バスで「東山安井」または「清水道」下車。→徒歩約10分。
「清水寺から青蓮院へ」へ


●東福寺や泉涌寺へは、地下鉄東西線「蹴上」から「東山」へ出て、「東山三条」のバス停から市バス「東福寺・九条車庫行き」に乗り、「泉涌寺道」または「東福寺」下車)→徒歩約10分。 ただし、東福寺は遅めに行くと長時間待つことになります。
「東福寺とその周辺」へ


●銀閣寺から清水寺・高台寺へは、「銀閣寺道」のバス停から「京都駅行き」の市バスに乗り、「東山安井」または「清水道」下車。東福寺へはいったん京都駅へ出て、JR奈良線で「東福寺」駅まで行くのがわかりやすいでしょう。

余白 風の旅 京都観光街めぐり 京都の紅葉はここがすごい!

Copyright © 「京都観光 街めぐり」 All Rights Reserved.