余白

平安の文化により生まれた、この世の極楽浄土

平等院

平等院は藤原一門の最盛期を築いた藤原道長の息子、藤原頼通が建てた寺です。とくに鳳凰堂は平安文化の粋を集めてつくられ、10円玉のモチーフとされていることで知られています。
平安時代初期、この地には左大臣源融(みなもとのとおる)の別荘があり、時代が下って藤原道長が山荘を造営しました。それを藤原頼通が寺としたものです。

当時、人々の間では末法思想が流行していました。
末法思想とは、釈迦の入滅後、仏教の教えが正しく行われる正法(しょうぼう)の時代がある期間続き(500年説や1000年説がある)、そのあとは似非の仏法といえる像法(ぞうぼう)の時代がある期間続き、 そのあとにまったく仏法が行われない末法の世が来るとする思想です。

末法の世に入るのは、西暦で言うと1052年とされていました。藤原頼通はこの年、山荘を寺としたのです。

当時、阿弥陀仏による救済を願って、全国にいくつも阿弥陀堂が建てられました。今日の平等院鳳凰堂にあたる阿弥陀堂が造営されたのは、末法の世2年目の1053年です。
水面に映る美しい姿は、極楽浄土を表したものとされています。藤原頼通は仏にすがって、死後の幸福を求めたのでしょう。

平等院の阿弥陀如来像

鳳凰堂の中には、阿弥陀如来が安置されています。鳳凰堂の中に入って、見ることもできます。


平等院の鳳凰

屋根の左右の端には、鳳凰がとまっています。これは実はレプリカで、本物は鳳翔館に展示されています。


平等院の睡蓮

池には睡蓮が咲き、初夏を彩ります。


平等院の梵鐘

梵鐘は国宝ですが、屋根の鳳凰と同じく、外にあるのはレプリカです。本物は鳳翔館に展示されています。


五重相伝会

五重相伝会です。なかなか見事な建造物です。


平等院の不動堂

こちらは不動堂。建物は小さくとも、豪壮で気宇壮大。


源頼政の墓

平清盛の横暴に憤り、兵を挙げ、敗死した源頼政の墓です。「埋もれ木の 花さくこともなかりしに みのなるはてぞ 悲しかりける」が、その辞世の歌でした。

【平等院を含む京都観光コースガイド】

平等院と茶どころ宇治をめぐる

【公式ホームページ】

平等院

楽天トラベル

風の旅TOP(全国)

余白 京都観光コース 京都のお寺と神社 京都の祭り 京都の桜 京都の紅葉 京都のホタル 京のことの葉
余白 風の旅 京都観光街めぐり 京都のお寺と神社