「京都観光街めぐり」管理人からのご挨拶

京都観光街めぐり管理人「京都観光街めぐり」管理人のたぬたぬ、本名は広沢と申します。 私は出版業界のライターであり、編集者です。
このホームページをつくったきっかけは、「本や雑誌の情報発信とウェブサイトの情報発信って、どうちがうのだろう?」という疑問でした。

2000年代に入ると世の中にパソコンが普及し、2005年くらいになるとウェブサイトが急激に増えて、出版を超える大規模メディアに成長しつつありました。

ウェブは出版の世界に住む私にとって、強力なライバルの出現でした。同時に「自分で何かできるかも」という可能性も感じていました。
そのころちょうど仕事でよく京都に行っていたので、余った時間に撮り歩いた写真でコースガイドをつくって、2007年の冬にアップしたのが最初です。

最初の2年間くらいは、出版物の編集者の感覚で、客観性や正確性ばかりを大切にして情報を発信していました。 100数十箇ヶ所ものお寺、神社、博物館に電話をして事情を話し、FAXで写真の掲載許可申請書を送るとともに原稿をチェックして頂き、徹底的にミスをなくすようにしました。たいへんな作業でした。
しかし、やがてウェブサイトはそれだけでは面白くならないことに気がつきました。ウェブでの情報発信では、個人的な視点がないと魅力が出ないんですね。

一般的な情報なら本屋でガイドブックを買ってくれば済むのですから、お寺や神社などについて自分の体験にもとづいて本音で語るようにしていきました。

今振り返ると、「思い切って、このサイトを立ち上げてよかったな」と思います。最初のころはHTMLもままらなかったので大変でしたが、出版とは別のメディアを知ることで「世界」が大きく広がりましたから。

私は京都在住ではありませんので、新鮮な現地情報を日々発信するようなことはできませんが、これからもその分、観光客の視点に立って、利用しやすいサイトにしていきたいと思っています。

なお、情報には古くなるものも出てくると思います。もし、ミスや更新すべき事項を発見された場合は、お知らせ頂けるとありがたいです。

京都へ行ったら、また材料を集めてくるつもりです。取材で京都や大阪に行くときに立ち寄るようにすれば、交通費は出版社が持ってくれるので、 宿泊費だけ自分で払って延泊するようにして、年間に10回ほど京都へ行く年もあります。おかげで整理し切れない写真が大量にパソコンの中に眠っています。忙しくて書く暇がないですが、きれいなお寺や神社をもっと紹介したいです。 少しずつコンテンツを充実させていきますので、ぜひ、また立ち寄ってください。

※ご意見、ご感想、その他「こんなことを知りたい」という方、メールください。わかる範囲で、お答え致しますので。
◎公開メルアド:einfo9★mbr.nifty.com
(★を@に変えてください。)
※セキュリィ管理のため、3〜4日に1回、公開メール受信用の予備のパソコンで受けます。ご返事は、即時とはいきませんが、ご了承をお願い致します。

写真の転載について

写真については、自分で撮ったもののほか、photolibraryやpixtaなどから購入して掲載している写真もあります。できれば自分で撮った写真だけで行きたいのですが、観光客が多すぎたり、天気がイマイチだったり、夕方だったり等の理由によりあまりよい写真が撮れなかったとき、あるいは素人である自分の写真よりもう少しきれいな写真を載せたいときなど、このようなフォトサービスを利用することにもあります。
で、何を言いたいかと言いますと、時々、私のサイトから勝手に写真を取得している方がおられるのですが、もし有料で販売されている写真を勝手に使用したら、賠償問題に発展する可能性がありますので、気をつけてほしいのです。私自身は、あっちこっちでコピペされたものを見ても、「おや、こんなところに使われているぞ」と、結構楽しんで接するタチです。悪用されたら怒りますけど、観光写真を悪用する人なんて、フツーはいませんからね。しかし、フォトサービスや原著作権者はそうは行きませんので、ご注意ください。
時々、問い合わせを受けるのですが、学校・学術研究・卒論などでしたら、ネット用に軽くする前の画像をご提供することも可能です。この場合、無料で結構です。フォトサービスの写真を使用している場合は、その旨お知らせします。商用利用の場合は、1点2.000円にて販売致します。これはべつに儲けたいわけではなく、商用利用なのにたくさんの写真を無料で提供するのは面白くないので、歯止めとしての価格です。photolibraryやpixtaの方がきれいな写真が多いと思いますので、どうしても手に入らない写真について、聞いて頂くとよろしいかと思います。

運営者概要  

京都観光街めぐり