7月の京都の花

桔梗

キキョウ
盧山寺、天得院など


蓮

ハス
三室戸寺、法金剛院など


7月の京都の祭り・行事

鵜飼い

鵜飼い漁


水祭り

貴船神社の水祭り


宵山

宵山の鉾


祇園祭

祇園祭の山鉾巡行




※原則として、終了時間の30分前までに入場してください。
※天候等により日時が変更される場合や中止される場合もあります。

7月1日(月)~9月半ば

嵐山鵜飼(7月1日~8月31日は19:00~21:00/9月1日~9月半ばは18:30~20:30)

嵐山の渡月橋の上流で、鮎などを穫る。平安時代から続く伝統漁法である。屋形船も出る。 嵐山通船/鵜飼

1日(月)~15日(月/祝)

千本ゑんま堂/風祭り(18:30~20:00)

夕方から本尊の閻魔大王のご開帳が行われる。 千本ゑんま堂

7月6日(土)〜8日(月)

百萬遍知恩寺/暁天講座

夏の法話の会が開かれる。参加自由。清々しい時刻に、充実したひと時を過ごすことができる。参加者にはお守りが授与される。
百萬遍知恩寺

7月6日(日)~28日(日)

法金剛院/観蓮会(7:00~16:00)

鳥羽天皇の中宮待賢門院が極楽浄土をイメージしてつくった庭園で、約80種もの蓮が咲き誇る。法金剛院

7日(日)

地主神社/七夕祭(14:00~)

織姫・彦星に見立てた一組の紙のこけしに自分と相手の名を書き、固く結びあわせて大笹につるし、恋の願かけをする。地主神社

貴船神社/水祭り(10:00~)七夕神事(13:00~)

大きな竹に飾りをつけて、七夕を祝う。貴船神社

12日(金)〜13日(土)

祇園祭の鉾曳初

祇園祭の準備として、山鉾づくりやが曳初(ひきはじめ)が始まる。繁華街ではそのようすを見ることができる。

中旬(公式サイトで要確認)

杉本家住宅/祇園会屏風飾り展(時間は日によって異なる)

京都に現存する町家で最も大きな杉本家で、夏の特別公開が開催される。
奈良屋記念杉本家保存会

公式サイト要確認

三室戸寺/ハス酒を楽しむ会(9:00~12:00/先着300名 500円)

蓮の葉に酒を注ぎ、茎から飲む。ホロ苦い初夏の味が楽しめる。例年、7月10日前後が多いので、公式サイトで要確認。三室戸寺

14日(日)~16日(火)

前祭(さきまつり)宵山(日没~)

祇園祭の山鉾の提灯に灯がともる。四条通・烏丸通の歩行者天国は15日・16日のみの予定で、縁日が並ぶ。

15日(月/祝)

三千院/盂蘭盆会施餓鬼法要(11:00~)

迷える死者の霊に飲食を供えて、成仏を願う。施餓鬼会を伴って行われる。三千院

16日(火)

壬生寺/新撰組隊士等慰霊供養際(13:30~)

徳川家を守るために命を捧げた新撰組隊士たちを祭る法要がある。また、16:00からは壬生寺と八坂神社の間で、京都新選組同好会によるパレードも行われる。 壬生寺

17日(水)

祇園祭山鉾巡行(前祭/9:00~13:30)

京都で最大の祭りである祇園祭のハイライト、山鉾巡行が行われる。
祇園祭(京都市観光協会)

20日(土)〜21日(日)

伏見稲荷大社/宵宮祭(21日18:00~)本宮祭(22日9:00~)

全国の稲荷神の崇敬者が総本宮に参拝し、神恩に感謝する大祭。
伏見稲荷大社

21日(日)

五智山蓮華寺/きゅうり封じ

災いや病気をきゅうりに封じ込める、京都旧来の儀式。元々は弘法大師が始めた秘法である。

21日(日)と27日(土)

神光院/きゅうり封じ(7:00~16:30)

弘法大師が行った密教の秘技で、身体の悪いところをきゅうりでこすって地面に埋めると、よくなると言われている。開催日に注意。 神光院

21日(日)

東寺/弘法市(8:30~17:30)

弘法大師(空海)が亡くなった3月21日にちなみ、毎月21日に骨董、古着、日用品などの市が立つ。東寺弘法市

智積院/写経の集い

心を正し、所願成就や病気平癒などを願う催し。希望者は前もって問い合わせのこと。智積院

松尾大社/御田植祭

古式ゆかしい稲作の儀式。早乙女らによる田植えが行われ、その風景が美しい。

24日(水)

後祭(あとまつり)宵山

山鉾巡行が行われる。規模は、前祭より小さい。ものごとをあとで後悔するのを「あとの祭り」というのは、ここから来た。ただし、日本を代表する祭りだけあって、立派なもの。花笠巡行として、都花街のきれいどころの踊り、鷺舞、六斎念仏、子供神輿、祇園囃子、稚児などの行列が続く。

25日(木)

安楽寺/鹿ヶ谷カボチャ供養(9:00~15:00)

カボチャを食べると中風にならないという伝承に基づく行事。参拝者にはカボチャがふるまわれる。安楽寺/鹿ヶ谷カボチャ供養

北野天満宮/縁日・天神市(ライトアップは21:00まで)

祭神、菅原道真の誕生日である6月25日と世を去った2月25日にちなんで、露店が並び、夜はライトアップされる。北野天満宮

28日(日)

狸谷山不動院/狸谷山火渡り祭(19:00~)

柴灯護摩が終わったのち、残り火の上を素足で渡る。参拝客も参加できる。坂道と階段がきついので、健脚の方向け。狸谷山不動院

30日(火)

御香宮神社/茅の輪神事
(15:00および23:00の2回)

本殿前に設けられた茅の輪をくぐって、夏の悪病払いを祈願する。
御香宮神社

京都観光街めぐり

6月へ

8月へ

(c)このホームページのコンテンツは著作権法により保護されています。無断転載を禁じます。