余白

京都御所の中にある京都御苑を起点に、葵祭で有名な下鴨神社まで歩いてみましょう。このコースには京都の歴史や文学を知る上で、 重要な観光ポイントが集まっています。

▼地図は一番下にあります。

★この中から興味を感じるポイントを選び、長距離の移動は交通機関を利用して、無理のないペースでまわってください。
★京都市内のバス・電車の乗り換えについては、次のサイトがお勧めです。スマホアプリを入れておくと便利です(アプリ無料)。

【HP】バス・鉄道の達人「歩くまち京都」

★京都市街中央部・南部のその他のコースは次へ。

【HP】京都駅周辺 東西の本願寺と東寺

【HP】「陰陽師」の晴明神社と西陣をめぐる

【HP】新選組の史跡と二条城

<チョイスの例>
◎京都御苑→梨木神社→廬山寺(前半をめぐる)
◎廬山寺→相国寺→下鴨神社(全体をはしょる)
◎相国寺→上御霊神社→下鴨神社(相国寺拝観期間に後半をめぐる)

※交通経路は左記サイトにて検索。

※交通経路は上記サイトにて検索。

★料金・時間・休日などについては変更されることがあります。必ず公式HPまたは自治体のサイトで確認してください。
★入場・入館時間は、多くの場合、終了30分前までです。
★アクセス方法については、比較的わかりやすいものを掲載しています。ほかにもルートがある場合があります。

京都1200年の歴史を追って、史跡をたどる

京都市民が憩う広大な公園

京都御苑(外苑)

京都御苑京都の中心部に位置する広大な公園です。東西700m、南北1300mもあり、四方から自由に出入りできます。西側の出入り口は、幕末の歴史で有名な蛤御門です。

苑内には松、ケヤキ、シイ・カシ類、イチョウなどが生育し、早春には梅、春には桜、夏にはサルスベリなどが花を咲かせ、秋には紅葉・黄葉も楽しめます。

幕末の東京遷都前には天皇の住まいであった京都御所と、退位した天皇(上皇・法皇)の御所であった仙洞御所があり、所定の手続きを踏めば、参観できます。

【京都御苑の自然】

京都御苑の桃

京都御苑のしだれ桜

しだれ桜

京都御苑の銀杏

イチョウ

京都御苑の紅葉

カエデ

【アクセス】
◎地下鉄烏丸線「今出川」から130m(北側)。
◎地下鉄烏丸線「丸太町」から150m(南側)。
【TEL】075-211-1215(宮内庁京都事務所)
【住所】京都市上京区京都御苑3番地
【料金・時間・休日】立ち入り自由
【駐車場】あり
【京都御所・仙洞御所 参観】ホームページから申し込み。
【HP】参観申込トップページ(宮内庁)

コースガイド◆京都御苑(東側)ー梨木神社:約30m

萩で有名な神社

梨木神社

梨木神社梨木神社の萩明治維新の功労者、三条実万(さねつむ)・実美(さねとも)父子を祀る神社です。境内の手水舎には、京都三名水のひとつ「染井の井戸」があります。
数百株の萩が植えられ、萩の名所としても知られ、 9月第3(または第4)土曜・日曜に「萩まつり」が行われます。日本人として最初のノーベル賞を受けた湯川秀樹博士の歌碑が立ち、次のように刻まれています。
千年の 昔の園も かくやあらん 木の下かげに 乱れさく萩

梨木神社梨木神社の萩明治維新の功労者、三条実万(さねつむ)・実美(さねとも)父子を祀る神社です。
数百株の萩が植えられ、萩の名所としても知られています。

【アクセス】市バス「府立医大病院前」から200m。
【TEL】075-211-0885
【住所】京都市上京区寺町通広小路上ル染殿町680
【料金・時間・休日】境内立ち入り自由
【駐車場】あり(自家用車数台)
【HP】梨木神社

コースガイド◆梨木神社ー廬山寺:約80m

『源氏物語』が書かれた紫式部の家

廬山寺(ろざんじ)

廬山寺廬山寺のキキョウ平安時代後期の天慶年間(938〜947年)に天台宗の慈恵大師・良源が開創した、天台系の円浄宗の本山です。
紫式部の邸宅であったことで知られ、『源氏物語』もここで書かれたと考えられています。方丈の前庭には白砂が敷き詰められ、紫色の桔梗が咲いて、緑色の苔との対比が美しく、「源氏庭」と呼ばれています。

廬山寺平安時代後期に天台宗の慈恵大師・良源が開創したお寺です。
紫式部の邸宅であったことで知られています。方丈の前庭は白砂が敷き詰められ、桔梗が咲き、「源氏庭」と呼ばれています。

【アクセス】市バス「府立医大病院前」から150m。
【TEL】075-231-0355
【住所】京都市上京区寺町通広小路上ル北之辺町397
【料金】大人(高校生以上)500円、小・中学生400円
【時間】9:00〜16:00
【源氏庭の休み】12月31日〜1月1日、2月1日~2月9日
【駐車場】あり(自家用車20台)
【HP】廬山寺

コースガイド◆梨木神社ー北村美術館:約650m

茶道具の名品を展示

北村美術館

写真提供:北村美術館

北村美術館北村美術館の茶器林業で財を築いた実業家で、茶を愛した北村謹次郎氏が収集した茶道の美術品約1000点を収蔵しています。道具のほか、絵画や彫刻も展示されており、 なかでも佐竹本三十六歌仙切、蕪村筆鳶鴉図など34件の重要文化財は貴重です。

【アクセス】
◎市バス「河原町今出川」から150m。
◎京阪電車「出町柳」から400m。
【TEL】075-256-0637
【住所】京都市上京区河原町通今出川下ル1筋目東入梶井町
【料金】大人600円、中学生〜大学生400円、小学生以下無料
【開館】春3月中旬~6月上旬、秋9月中旬~12月上旬の特別展のみ開館。
【時間】10:00〜16:00
【休日】毎週月曜、不定休
【駐車場】あり(自家用車3台)
【HP】北村美術館

コースガイド◆北村美術館ー同志社大学:約800m

明治時代の洋風建築が美しい

同志社大学

写真提供:同志社大学

同志社大学クラーク記念館礼拝堂新島襄が創立した、京都を代表する私立大学です。明治期の洋風建築が残り、重要文化財に指定されています。礼拝堂や、彰栄館、ハリス理化学館、 有終館、クラーク記念館が現存しています。
ハリス理化学館の2階に「同志社大学 Neesima Room」があり、創立者である新島襄の日記、手紙、説教稿、ノートなどの遺品や初期の同志社関係の資料が収蔵・展示されています。

【アクセス】
◎地下鉄烏丸線「今出川」からすぐ。
◎市バス「同志社前」から100m。
◎市バス「烏丸今出川」からすぐ。
【TEL】075-251-3120
【住所】京都市上京区今出川通烏丸東入
【料金】無料
【時間】10:00〜17:00
【休日】
◎祝日、同志社の休日、休講機関については、別に定める。
◎ハリス理化学館は月曜定休。
【駐車場】なし
【HP】同志社大学

コースガイド◆同志社大学ー相国寺:約300m

天井に描かれた龍が見事

相国寺(しょうこくじ)

相国寺室町幕府第3代将軍、足利義満によって創建されました。その後、度重なる火災で焼失したものの再建され、豊臣秀頼が寄進した日本最大で最古の法堂をはじめ、重要文化財も多く残されています。 天井には狩野光信により蟠龍図が描かれ、「鳴き龍」で知られます。
数多い寺宝を一堂に集めた承天閣美術館を観覧できます。

【アクセス】
◎地下鉄烏丸線「今出川」から550m。
◎市バス「同志社前」から450m。
【TEL】075-231-0301
【住所】京都市上京区今出川通烏丸東入相国寺門前町701
【料金】法堂・方丈・浴室 3箇所 800円
【開館】
◎春3月中旬~6月上旬、秋9月中旬~12月上旬の特別展のみ開館。
◎承天閣美術館は常時開館。

【時間】10:00〜16:00
【休日】本山行事日
【駐車場】あり(バス4台程度)
【HP】相国寺

コースガイド◆相国寺ー上御霊神社:約500m

応仁の乱発祥の地

上御霊神社

写真提供:御霊神社

御霊神社平安京以前からこの地にあり、平安京遷都の際、罪なくして亡くなり祟り神となった人々の御霊を祀りました。
小さな神社ですが、応仁の乱のときには細川勝元派の畠山政長が陣を敷いた場所であり、 史跡として重要です。鳥居前には「応仁の乱勃発地」の石碑が立っています。
なお、上御霊神社に対する下御霊神社は京都御苑の南東付近にあります。

御霊神社平安京以前からこの地にあり、平安京遷都の際、罪なくして亡くなった人々の御霊を祀りました。
応仁の乱の際、細川勝元派の畠山政長が陣を敷いた場所であり、 鳥居前には「応仁の乱勃発地」の石碑が立っています。

【アクセス】地下鉄烏丸線「鞍馬口」から200m。
【TEL】075-441-2260
【住所】京都市上京区上御霊前通烏丸東入上御霊竪町495
【料金・時間・休日】境内立ち入り自由
【駐車場】あり

コースガイド◆御霊神社ー下鴨神社:約1.2km

森に囲まれた世界遺産の神社

下鴨神社(賀茂御祖神社/かもみおやじんじゃ)

下鴨神社世界遺産日本神話で八咫烏(やたがらす)に化身して神武天皇を導いたとされる賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)を始祖とする賀茂氏の氏神です。

平安時代以前に創建された京都最古の神社のひとつで、山城国一の宮とされ、皇族・貴族から武家・庶民に至るまで幅広く尊崇を集めてきました。
この一帯には、かつて古代からの植生を残す広大な森が広がり、今でもその一部が「糺(ただす)の森」として残っています。

5月15日の葵祭は、京都三大祭のひとつで、平安の王朝絵巻を再現する祭りとして名高く、京都への観光客も多く訪れます。

【アクセス】
◎市バス「下鴨神社前 」からすぐ(北側)。
◎市バス「新葵橋 」から200m(南側)。
◎京阪本線「出町柳」から700m。
【TEL】075-781-0010
【住所】京都市左京区下鴨泉川町59
【料金】大人(中学生以上)500円、小人250円
【時間】6:30〜17:00
【休日】無休
【駐車場】神社西側の西駐車場を利用(自家用車200台、バス20台)
【HP】下鴨神社

★下のポイント名をクリックすると、地図の中央に表示されます。★

京都御苑  廬山寺  梨木神社  北村美術館  同志社大学  相国寺  上御霊神社  下鴨神社  

「風の旅」へ 「京都観光 街めぐり」トップページへ 「京都観光コース一覧」へ
京都観光 風の旅 > 京都観光コース > 京都御苑から下鴨神社へ

★京都市街中央部・南部のその他のコースは次へ。

【HP】京都駅周辺 東西の本願寺と東寺

【HP】「陰陽師」の晴明神社と西陣をめぐる

【HP】新選組の史跡と二条城

風の旅 京都観光街めぐり 京都観光コース