「おこしやす」と「おいでやす」のちがいとは?

「いらっしゃいませ」を表わす京都の言葉は、ふたつあります。
「おこしやす」と「おいでやす」です。本やインターネットで調べてみると、「おこしやす」の方が丁寧と説明されています。
なかには、「おいでやす」は、“口では歓迎の挨拶をしているけれど、実はそうではない場合もある”というような解説もあります。

本当に、そうでしょうか? もし、それが本当だとすると、京都へ観光に行く者としては、「おこしやす」と言われるか、「おいでやす」と言われるか、気になることになります。

ただ、上の解説は、意見としては、少し偏りがあるように感じます。

「おこしやす」と「おいでやす」のちがいは、字の意味を考えれば、わかります。

「おこしやす」は「お越しやす」。「わざわざ遠方からきてくださいまして…」という気持ちがこめられています。
一般的には、少し改まった場面で、使われます。
「おいでやす」は「お出でやす」。もう少し気軽に、よく会う人に対して使われます。

おこしやす=ようこそ、おこしくださいませ。
おいでやす=いらっしゃい!/よく来たね。
…と考えれば、意味のちがいがわかります。

ただし、言葉は生き物なので、使う人や局面によって、微妙な温度の差はあります。
標準語だって、「ようこそ、おこしくださいませ」と言いつつ、実はあまり歓迎していないこともあります。
一口に「いらっしゃい!」といっても、心から歓迎しているケース、事務的に言っているだけのケースなど、千差万別です。

さしあたり、歓迎したくない客に「おこしやす」を使うことは少ないとは考えられますし、従業員教育の行き届いた旅館では、「おいでやす」 より「おこしやす」を使うことが多いでしょう。宿泊客は、遠方から来るに決まっていますから。
だからといって、「おいでやす」に歓迎の気持ちが足りないわけではありません。

上に記した標準語訳のような意味のちがいはありますが、「おこしやす」と「おいでやす」では、言葉としてよく似ているので、標準語ほど明確な差は出ません。
京都の人の中にも、「おいでやす」と「おこしやす」を使い分ける人もいれば、とくに意識せず、どちらも使う人もいるようです。


「京都の謎と不思議に迫る」の目次へ

京都観光街めぐり

京都リピーターのための読んで楽しむ京都観光用語集

街と暮らし
四季と暮らし
料理と食材
神社・仏閣
京都の地理
歴史と人物


京都の謎と不思議に迫る

目次へ

京都観光街めぐり