清水の舞台から飛び下りた人は、本当にいるの?

「清水の舞台から飛び下りたつもりで」という言い回しは、イチかバチか、思いきって何かをやってみるような場面で、しばしば用います。 今でも生きた言葉です。
では、清水の舞台から飛び下りた人は、本当にいるのでしょうか?

この疑問についての記録は、清水寺の塔頭(子院)である成就院の『成就院日記』という文書に残されています。

調査を行ったのは、清水寺学芸員の横山正幸さん。研究結果は、『実録・清水の舞台より飛び落ちる−江戸時代の「清水寺成就院日記」を読む』として出版されています。

この本によると、江戸時代中期の元禄7(1694)年から末期の元治元年(1864)に至る飛び降り数は、未然に引き留められたものを含めて234件。年間平均は、1.6件に上ります。
男女比は7対3で男性が多く、最年少は12歳、最年長は80歳代。
年齢別では10代、20代が約73%を占めました。
生存率は85.4%、死亡率は14.6%。意外と多くの人が、助かっています。

ただし、これは記録が残っている期間の話で、記録のない時期も発生率が同じと仮定すると、江戸時代全体では424件になる計算とのこと。

では、なぜ人々は飛び下りたのでしょうか。実は、これは自殺ではなく、観音様に願いをかなえてもらうための願行でした。飛び下りても生きていれば願いがかない、死んでも成仏できると考えられていたようです。

『成就院日記』は148年分あり、その中には“舞台落ち”があった年月日や時間、飛び降りた人の名前、年齢、性別、職業、住まいの場所のほか、かけた願の内容まで書かれているといいます。
願には、「親の病気回復」「自分の病気の回復」などがあり、京都の人が最も多いですが、東は現在の福島や新潟、西は山口や愛媛にまで及んでいるそうです。

清水寺は、平安時代から観音信仰の中心的な寺院であり、豊臣秀吉が「病気の母の命が3年、無理なら2年、せめて30日延びるよう祈願してほしい。願いがかなえば、1万石を寄進する」と書いた書状も、残されています。天正20(1592)年6月20日付で、秀吉の花押(かおう)もあります。

この時代の飛び下りの記録は残っていないので、何とも言えませんが、祈願成就の儀式を頼んだのでしょうか。それとも、だれかに…

飛び下りは、明治5(1872)年、明治政府によって禁止され、下火になったそうです。

下から見上げた清水の舞台

下から見上げた清水の舞台
(高さ約13m)


清水寺についてもっとくわしく

「京都の謎と不思議に迫る」の目次へ

京都観光街めぐり

京都リピーターのための読んで楽しむ京都観光用語集

街と暮らし
四季と暮らし
料理と食材
神社・仏閣
京都の地理
歴史と人物


京都の謎と不思議に迫る

目次へ

京都観光街めぐり