京都桜散策おすすめスポット

吉田兼好 京都駅から南へ進んでみよう。東寺と城南宮の間は市バスや近鉄で移動しやすいので、合わせて周遊して、桜の園の競演を楽しむとよい。 東寺の桜は五重塔を背景とし、スケールが大きく見える。一方、城南宮では優美な庭園美を追求している。とくにしだれ桜がよい。 それぞれ個性があり、どちらもすばらしいものじゃ。

東寺

春の東寺

五重塔を背景に咲く桜の園

弘法大師ゆかりの東寺真言宗の総本山です。日本で最も高い55mの五重塔を背景に、たくさんの花が開きます。八重紅しだれ桜は、国内でも最大級です。

【見頃】3月末〜4月上旬
【ライトアップ】ー

城南宮

城南宮の桜の園

美しい庭園で見るしだれ桜

『源氏物語』に描かれた草木が100種類以上植えられ、四季折々に美しい花を咲かせる庭園です。春には、池の水面にしだれ桜が映えます。

【見頃】3月末〜4月上旬
【ライトアップ】ー

周辺の地図

京都観光街めぐり京都桜の名所

(c)このホームページのコンテンツは著作権法により保護されています。無断転載を禁じます。