京都桜散策おすすめスポット

光源氏  「花の寺」と呼ばれる勝持寺を中心に、大原野をめぐります。坂道が多く、バスの本数も非常に少ないため、健脚で、かつ時間などあまり気にせず、のんびりと旅する人向きのエリアです。 近くの西迎寺、大原野神社にもよい桜がありますので、立ち寄ってみましょう。余力があれば、善峯寺まで行ってみましょう。

正法寺

正法寺のに応像と桜

仁王像が、紅しだれ桜に映える

鑑真の弟子、智威大徳が隠棲した山寺です。本堂の前に、見事な古木があります。桜を守るかのように、仁王像が立っています。

【見頃】4月上旬〜中旬
【ライトアップ】ー

勝持寺

「花の寺」勝持寺

「花の寺」と呼ばれる名所

平安末期の歌人、西行法師が桜の木を植えたのに始まるともいわれ、境内では500本を超える樹々が競うように花を咲かせます。京都の桜の「真打ち」のひとつです。

【見頃】4月上旬〜中旬
【ライトアップ】ー

善峯寺

善峯寺

JR東海のCMでブレイクした寺

徳川綱吉の母、桂昌院が植えた見事なしだれ桜をはじめとする樹々が境内を彩ります。しだれ桜は同じく桂昌院が植えたカエデの木と仲のよい夫婦のように根をからめて、縁起がよいとされています。

【見頃】4月上旬〜中旬
【ライトアップ】ー

周辺の地図

京都観光街めぐり京都桜の名所

(c)このホームページのコンテンツは著作権法により保護されています。無断転載を禁じます。