京都桜散策おすすめスポット

静御前 京都御苑と下鴨神社をめぐります。京都御苑の中には桜の名木がいくつもあります。また、春には京都御苑に中央にある 京都御所が特別公開されます。この時期は手続き不要、無料です。京都御苑を堪能したら、下鴨神社を経て、岸が薄いピンク色に染まる鴨川沿いの道を歩きましょう。
京都御所の春の一般公開について

京都御苑

京都御苑のしだれ桜

広大な敷地に咲く桜の響宴

京都の中心にある京都御苑には、1100本もの桜が植えられています。広大な敷地全体が名所となっています。 しだれ桜、ソメイヨシノ、ヤマザクラなど多彩な樹々が、競い合うように花を咲かせます。

【見頃】3月末〜4月上旬
【ライトアップ】ー

下鴨神社

下鴨神社の桜

森の中から現れる桜と朱塗りの楼門

下鴨神社は、『源氏物語』にも登場する由緒ある神社です。糺の森(ただすのもり)という広い森を抜け、赤い鳥居をくぐると、楼門に重なるように立派な樹があります。

【見頃】3月末〜4月上旬
【ライトアップ】ー

鴨川沿いの桜:半木(なからぎ)の道

鴨川の半木の道

ハイキング気分で楽しむ桜

鴨川は、Yの字に合流する前の西側を賀茂川、東川を高野川といいます。どちらの川辺にもきれいな並木が続いています。とくに半木の道の桜は俊逸です。

【見頃】3月末〜4月上旬
【ライトアップ】ー

周辺の地図

京都観光街めぐり京都桜の名所

(c)このホームページのコンテンツは著作権法により保護されています。無断転載を禁じます。