個人の旅か、ツアーか? バスか、電車か、タクシーか?

お得な京都旅行大研究(2)

■京都市内の観光に便利な交通手段とは?

●バス

JR京都駅の正面玄関、烏丸中央口を出ると、大きなバスターミナルになっています。市内には市バスが走っています。 一部がJRバスのバス停になっています。四条河原町でも各方面へのバスが発着します。ほかにも京阪バスや阪急バスなどがあり、 まさにバスは京都観光交通機関部門の代表格です。
京都のバスを使う基本は、縦横のグリッドをイメージすることです。

1. 京都市内の道は縦横の座標に似ています。だから、A地点からC地点へ行くには、 まずA地点からB地点へ行き、B地点で乗り換えてC地点へ向かえばよいのです。

2. しかし、現実には変則的な走りも結構あります。したがって、うっかりすると、「あさって」の方向へ連れて行かれてしまいます。 この点、注意しましょう。

以上のことを頭に入れたら、JR京都駅の観光案内所にバスの路線図があるのでもらってきましょう。 あるいはお手許の観光ガイドブックにもついていると思います。この路線図を利用してもよいですけど、慣れるのに時間がかかります(いつまでたっても慣れないという人もいます)。
で、どうするか?
観光行路を決めてあれば、観光案内所かバスターミナルにあるバスの案内所の人に乗り継ぎの相談をしてから出発しましょう。
しかし、行き当たりばったりの自由を重んじるなら…
私の場合、『るるぶ』の折り込みについていた、京都市全体の地図を何年も使っています。バス停も載っているので、 「ここからここまで縦に行って、○○寺に寄ってから、このバス停まで歩き、横へ行こう」などと考えます。 そして、「あさって」の方向へ行かないよう、バス停で行き先を確認し、運転手さんに確認すれば、だいたい大丈夫です。
京都で最も本数の多い市バスについては、次のサイトをご覧ください。

ハイパー市バスダイヤ 乗るバス停を見つけて、さらに行き先をクリックすれば時刻表が示されます。

観光バスに乗るという手もあります。バスや地下鉄の乗り継ぎで手間取るくらいなら、この方が楽かもしれません。

京都定期観光バス 京都を効率的に、楽にまわることができます。

お得なバスチケット

◎市バス専用一日乗車券カード

均一区間内(220円)なら、1日何度でも乗り降りできます。1人につき1枚必要です。
料金:500円(小児250円)
発売所:市バス営業所、市バス・地下鉄案内所、コンビニなど

これは使い勝手がいいですね。元が取れないことは、まずないでしょう(京都駅から市バスではなく、京都バスを使って大原や高雄などへ行くときは別にして…)。お得な観光チケットはたくさんあります。次のサイトをチェックしてみるといいですよ! 「市バス専用一日乗車券カード」を含む、いろいろなチケットが載っています。

京都市交通局「フリーチケット」 京都観光に役立つお得なチケット情報がたくさん載っています。要チェックです!
そのほか一般の京都市民が使うチケットの中にも、観光用に役立つものがあります。

◎市バス専用カード

市バス全区間で、1枚のカードで2人以上でも利用できます。
料金:2000円(利用額2250円=250円お得)

くわしくは…
京都市交通局「市バス専用カード」

◎バス共通回数券

市バス、京都バス、京阪バス、京阪シティバス、JRバス、阪急バス、京都交通バスで利用できます。

料金:1000円(220円券×5枚=100円お得)
   3000円(220円券×15枚、110円券×1枚=410円お得)
   5000円(220円券×26枚=720円お得)
発売所:市バス営業所、市バス・地下鉄案内所、定期券販売所など

くわしくは…
京都市交通局「バス共通回数券」

●電車・地下鉄

JR京都駅を出ると、ついバスターミナルへ向かいたくなります。でも、ちょっと待ってください。電車や地下鉄で行けるところは、その方がbetterです。 たとえば京都駅から嵐山まで、電車ならだいたい20分〜30分ですが、バスは1時間かかります。混雑の度合にもよりますけど。
電車や地下鉄で行けるところは、なるべくそちらを利用した方がよいと思います。
市営地下鉄について調べるなら、次のサイトをご覧ください。

ハイパー地下鉄ダイヤ
乗る駅を見つけて、さらに行き先をクリックすれば時刻表が示されます。京都には、ほかに近鉄、京阪電鉄なども走っていますが、この地下鉄のサイトページからリンクをたどることができます。 でも、複数の交通機関を組み合わせて検索するなら、乗り換え検索サイトの方が便利だと思います。

駅探  ジョルダン

●タクシー

バスのコーナーで「A地点からC地点へ行く場合、A地点からB地点へ行き、B地点で乗り換えてC地点へ向かう」と書きました。 しかし、これはB地点に目的のお寺や神社などがある場合です。直接、A地点からC地点へ向かいたいとき、絶対的に有利なのはタクシーです。 もし、A地点からB地点まで1km、B地点からC地点まで1kmと仮定すると、A地点からB地点まで斜めに歩いたって、直線距離で1.4km、実際は2kmを超えることも多いでしょう。私たち、ふだんの生活で2kmなんて歩きませんよね?
バスで1本で行けるところだって、待ち時間が長い場合もあります。
こんなときはタクシーに乗りましょう。京都なんて、しょっちゅう行けるわけではないのですから、数百円〜1000円程度を惜しんでは、もったいない。 タクシーなら時間を短縮できる上に、休息できます。コーヒーの出ない喫茶店だと思えばいいのです。

観光用にタクシーを借り切るという方法もあります。タクシーの運転手さんは、穴場の観光名所やおいしいお店などのことをよく知っています。ただ、楽すぎて、「自分で京都をまわった〜」という感じが薄れるのが難点です。 営業トークがうまい人も多いので、ワンメーターで済むところへ1人か2人で行くのに、「どこそこをまわって5000円にしておきますよ」なんていう話に乗らないよう、注意しましょう。
基本的には、ある地点からある地点まで利用し、そこを観光してから状況次第でまた拾う方がよいでしょう。しかし、 3、4人いれば元は取れますから、その辺は計算の問題だと思います。

●レンタカー

行動の自由がきき、長距離も短距離も自由に行き来できる乗り物は、何と言っても車です。交通量の多い京都ですけど、 運転に慣れている方なら、問題ないでしょう。ただし、桜や紅葉の時期をはじめとする混雑時は、渋滞と駐車場探しの問題が出ますので、避けた方がよいと思います。

ニッポンレンタカー 車種が多く、私も全国各地への出張でよく利用します。

マツダレンタカー ここもいいですね。安いし、私もよく利用します。

●自転車

京都観光に最も適した交通機関は、私の考えでは、ズバリ自転車です(“機関”というか、人力ですけど…)。 一般的に、ある観光ポイントから別の観光ポイントまでは、数百m〜1kmあるいは2kmくらい離れています。 自転車ならゆっくりと歩く人たちを尻目に、スイスイとまわることができます。 渋滞も関係なく、駐車場にも困りません。バスが来るのを待つこともありません。それに、非常に安く済みます。
京都は盆地ですから中央部は平坦です。まわりの丘陵だって、実はたいしたことはありません。坂道の上にお寺や神社がある場合、坂の下に止めて歩いてもよいですし、押して上がってもよいです。 押して上がるのはちょっとたいへんですが、下るときは楽です。
私は京都駅近くで自転車を借りて、清水寺から銀閣寺へ走ったことがありますが、特別に無理は感じませんでした。また、嵐山・嵯峨野も自転車でまわりましたが、とても楽でした。 雨さえ降らなければ、こんなにいい乗り物はありません。
貸し自転車屋さんの中には、あるエリアで限定してやっているショップもありますし、ポイントを指定すれば、そこまで持ってきたり、持っていってくれるショップもあります。 貸し自転車を置いているホテルもあります。
料金や配送料、回収料は微妙に違いますけど、大きな差はないと思います。

京都サイクリングツアープロジェクト
受け渡し場所:京都駅、金閣寺、錦市場北、伏見の4ケ所のターミナル

レンタサイクル 永原屋茂八
受け渡し場所:店(京阪三条駅近く)または指定場所

京都ちりんちりん
受け渡し場所:京都市内約30カ所(ほぼどこでもOK)

レンタサイクル 風音
このショップは電動アシストサイクルが主体なので、東山の丘陵地もラクに観光できます。
受け渡し場所:清水寺の近く。

★嵐山・嵯峨野にも何件かあります。駅の近くや渡月橋のあたりを探せば、すぐ見つかります。嵐山・嵯峨野では、予約はしなくてもだいたい大丈夫だと思いますが、オンシーズンの京都駅では予約した方が安心かも知れません。

★前のページ(個人旅行か、ツアーか?/京都へのアクセスには、何を使う?)へ

京都観光街めぐり