京都紅葉散策おすすめスポット

坂本龍馬 嵯峨野の紅葉を楽しみながら、大沢池まで歩いてみよう。大沢池は地図で見ると遠そうに見えるが、実はたいした距離ではない。健脚の人なら、すぐだ。 大沢池には、野の果てのような何とも言えない雰囲気がある。典雅さと寂しさがいっしょになった、しみじみした秋を楽しむことができる。余力があれば、少し足を伸ばして広沢池まで見てきてもいいと思う。

嵯峨釈迦堂(清凉寺)

秋の嵯峨釈迦堂清凉寺

古いお寺に映える典雅な紅葉

源融の没後、その山荘に阿弥陀堂を建てたのに始まる古いお寺です。境内のあちこちに深紅のカエデの木が並び、建物や緑の常緑樹と見事なコントラストを成しています。

【見頃】11月下旬〜12月上旬
【ライトアップ】ー

宝筐院

晩秋の宝筐院

朱に染まる俊逸な美しさ

門をくぐると、石畳の道に緑の苔と深紅の紅葉がよく映える庭が姿を現します。普段は閑静な小さなお寺ですが、秋には多くの観光客でにぎわいます。イチオシの名所です。

【見頃】11月下旬〜12月上旬
【ライトアップ】ー
宝筐院の紅葉についてくわしく

大覚寺(大沢池)

大覚寺の秋

嵯峨天皇の離宮跡の雅びな秋

大覚寺が立つ大沢池は、中国の洞庭湖を模した天皇や貴族の船遊びの場。典雅な秋の光景を楽しめます。大沢池には規模の大きなカエデの並木があり、その下を歩くこともできます。

【見頃】11月下旬〜12月上旬
【ライトアップ】○(2016年11月11日〜12月4日/17:30〜20:00受付終了)

直指庵

直指庵の秋

晩秋には格別な美しさ

女性たちの駆け込み寺として知られる小さなお寺です。竹林の中に茅葺き屋根の建物がたたずみ、風情があります。とくに散り紅葉の時期には、見事な庭園美を楽しむことができます。

【見頃】11月下旬〜12月上旬
【ライトアップ】ー

周辺の地図

京都観光街めぐり

(c)このホームページのコンテンツは著作権法により保護されています。無断転載を禁じます。