京都紅葉散策おすすめスポット

光源氏 「もみじの永観堂」と呼ばれ、見事な紅葉で魅せる永観堂をはじめ、南禅寺、法然院、安楽寺、天授庵といった名所をたどります。 ここは、京都観光の王道コースのひとつ。銀閣寺もこの近くなので、併せて立ち寄ることをお勧めします。 哲学の道沿いの桜も、秋らしい風情で朱色に色づきます。

天授庵

天授庵の庭

枯山水が映える秋の庭

南禅寺の子院にあたる天授庵の庭は四角形の敷石を幾何学的に配置した格調高いもので、紅葉が映えます。この寺の見頃は、例年やや早目です。

【見頃】11月上旬〜11月下旬
【ライトアップ】○(2016年11月15日〜11月30日/17:30〜20:45/ただし、紅葉の具合により変更あり。)

南禅寺

秋の南禅寺水路閣

広大な境内を彩る紅葉

南禅寺は広い境内を持つ東山の名刹です。境内のあちこちに配置された色づく樹々は変化に富み、飽きません。時間に十分な余裕を持って、まわってください。 写真は、明治時代の遺構の水路閣です。

【見頃】11月下旬〜12月上旬
【ライトアップ】ー
南禅寺の紅葉についてくわしく

永観堂(禅林寺)

秋の永観堂の門

「もみじの永観堂」と名高い名所

平安時代のころから紅葉の名所とされてきました。深紅のカエデと黄色いイチョウの織りなす風情は最高です。京都で最も人気のあるスポットのひとつです。

【見頃】11月中旬〜12月上旬
【ライトアップ】○(2016年11月8日〜12月4日/17:30〜20:30受付終了)
永観堂の紅葉についてくわしく

真如堂(真正極楽寺)

真正極楽寺

三重塔に映える深紅

三重塔などの建物と赤い樹々の色が絶妙にマッチしながら、境内は秋色に埋まります。モミジだけでなく、イチョウも植えられ、赤と黄のコンビネーションが見事です。

【見頃】11月下旬〜12月上旬
【ライトアップ】ー

安楽寺

晩秋の安楽寺

秋色におおわれる茅葺きの門

門前にカエデの木が並び、石段を散り紅葉がおおう様は、実に風情があります。通常は非公開ですが、この時期に合わせて文化財の特別公開が行われます。

【見頃】11月下旬〜12月上旬
【ライトアップ】ー

法然院

法然院の秋

ひなびた味わいの紅葉

茅葺きの門が味わい深いお寺です。色はやや浅いけれど、それが逆に深い情趣をかもし出しています。 なお、法然院と安楽寺はつくりが似ています。安楽寺は、法然の弟子の住蓮と安楽が結んだ庵だったからでしょう。

【見頃】11月下旬〜12月上旬
【ライトアップ】ー

銀閣寺

銀閣寺の秋

秋の風情の庭園を楽しむ

銀閣寺の境内はほかの名所ほどでないですが、品よく色づき、秋を堪能できます。また、周囲にはモミジの木が多く、季節になると境内全体を借景の朱色で囲まれます。

【見頃】11月下旬〜12月上旬
【ライトアップ】ー

周辺の地図

京都観光街めぐり京都紅葉の名所

(c)このホームページのコンテンツは著作権法により保護されています。無断転載を禁じます。