京都紅葉散策おすすめスポット

織田信長 「京都で一番の紅葉の名所はどこか?」と聞かれたら、好みにもよるがベスト3に東福寺を入れるのはまちがいない。下から見上げると朱に染まった空。通天橋から見下ろすと、深紅の海。 その規模、その質、ともに「京都の紅葉の大横綱」の名に値する。また、東福寺の塔頭(子院)や泉涌寺もよい。ただし、混む。なるべく早い時間に行くことだ。

東福寺

深紅に埋もれる東福寺

深紅に埋もれる大寺院

京都を代表する紅葉の名所として、押しも押されぬ東福寺。たいへん混み合いますが、それでも見たいものです。2時間待ちなどザラですから、とにかく早目に到着してください。

【見頃】11月中旬〜11月下旬
【ライトアップ】ー
東福寺の紅葉についてくわしく

光明院

光明院の境内

石庭と合った清楚な紅葉

光明院は東福寺の塔頭です。モミジは「主」ではなく、石組みの庭の「要素のひとつ」として配置されています。「紅葉を見る」というより、「庭を見る」という趣で鑑賞する風情です。

【見頃】11月中旬〜11月下旬
【ライトアップ】ー

泉涌寺

泉涌寺の秋の庭

石庭を彩る朱色

古くから皇室にゆかりがあり、御寺(みてら)と呼ばれる格式の高いお寺です。さりげないけれど、御座所庭園がとてもきれいで、多くのリピーターが訪れます。

【見頃】11月中旬〜11月下旬
【ライトアップ】ー

雲龍院

雲龍院の秋の庭

端正にして優美な秋の庭

雲龍院は泉涌寺の塔頭です。客殿から見る庭には要所要所に紅葉が配され、端正でありながら優美な京都らしい美しさ。苔や庭木の緑に赤が映える、静かなたたずまいの庭です。

【見頃】11月中旬〜11月下旬
【ライトアップ】ー

来迎院

泉涌寺塔頭の来迎院

境内を包む深紅の紅葉

来迎院は泉涌寺の塔頭で、瓦に菊の紋が入っています。秋には燃えるような朱色に包まれます。古くから皇后や宮女が安産祈願をしたことから、安産の願いをする人も多いお寺です。

【見頃】11月中旬〜11月下旬
【ライトアップ】ー

周辺の地図

京都観光街めぐり京都紅葉の名所

(c)このホームページのコンテンツは著作権法により保護されています。無断転載を禁じます。