永観堂

▲秋の永観堂

「紅葉の永観堂」と呼ばれる名所

永観堂は正式名を禅林寺と言います。僧、永観が体験した不思議な阿弥陀仏の伝説が遺る、味わい深いお寺です。龍に例えられる長い廊下を歩いていくと、幽玄の世界に入っていくような気がしてきます。
有名寺院の集まる東山の中でも永観堂の紅葉は規模も大きく、色づきもよいため、古くから「もみじの永観堂」と呼ばれてきました。秋になると境内は鮮やかな赤や朱に色づき、阿弥陀仏がいざなう浄土世界かと思われるほど、美しい光景となります。
晩秋の永観堂はしみじみとして情趣が深く、京都でもすぐれた名所のひとつです。

晩秋の永観堂へ

総門 境内路

晩秋の午後、永観堂へ向かいました。

総門を入ると、秋らしい風景が広がっています。

中庭 色づいた樹

中庭に植えられている樹々が、赤や朱に色づいています。

しみじみとした深い味わいです。

臥龍廊 建物前のカエデ

秋の臥龍廊を静かに歩きます。

永観堂にはイロハモミジが多く、美しい色と形をしています。

仏像 鐘楼

境内の石像の背景も赤に染まっています。

鐘楼も赤色に彩られています。

放生池 散り紅葉

放生池のまわりは、赤く燃えるような紅葉でおおわれています。

秋を感じながら、茶店で休息するのもよいでしょう。

永観堂・南禅寺と哲学の道周辺の紅葉

京都観光街めぐり京都紅葉の名所

(c)このホームページのコンテンツは著作権法により保護されています。無断転載を禁じます。

【永観堂の基本情報】

●正式名称

聖衆来迎山無量寿院禅林寺(しょうじゅらいごうざんむりょうじゅいんぜんりんじ)

●通称・別名

永観堂(えいかんどう)

●住所

〒606-8445 京都市左京区永観堂町48

●電話

075-761-0007

●見学に要する時間

30分〜45分ほど。

●拝観時間

9:00〜17:00
(16:00に受付終了)

●休日

年中無休

●駐車場

あり。ただし、紅葉の時季は混むので、車は避けた方がよいでしょう。

●拝観料

    一般 団体割引
大人  600円 500円
大学生 600円 500円
高校生 400円 350円
中学生 400円 350円
小人  400円 350円
※紅葉の夜間拝観は600円

●車いすによる拝観

可(要介添え者/寺宝展期間中は混雑のため、不可になる場合あり。)


【永観堂へのアクセス】

●京都駅から
市バス5系統岩倉操車場行きに乗り、「南禅寺・永観堂道」下車
●四条河原町から
市バス5系統岩倉操車場行きに乗り、「南禅寺・永観堂道」下車
※他路線バスでも行けたり、他ルートがある場合もあります。


【永観堂を含む京都観光コースガイド】

◎銀閣寺から平安神宮へ


【公式ホームページ】

永観堂


京都観光街めぐり