京都案内人、小野小町 妙心寺は、臨済宗妙心寺派の大本山です。 妙心寺は、1341年、花園天皇が大灯国師の弟子、関山慧玄(無相大師)を招じて開山された、京都で最も大きなお寺のひとつです。 そのとき以来、門前町のさまざまな業者たちと、「御用達」という関係で結ばれております。たとえば、屋根の修復は屋根惣の某さん、という具合です。いかにも京都らしいですね。

阿じろは、そのような御用達のひとつです。1962(昭和37)年、花園法皇忌のときに御用達になりました。それまでは別の料理店が御用達でしたが、もろもろのご事情で閉店したため、阿じろが代って妙心寺の料理を受け持つようになりました。もちろん、長年のおつき合いの中で、信頼を重ねてきたことでしょう。

料理は、肉や魚などの生臭ものはもちろん、ネギやニラなど香りが強い野菜も避け、京野菜、生湯葉、生麩などの植物性の素材を使った精進料理でございます。出汁には、鰹節すら使っておりません。鰹節は、動物性の素材ですから。その代わり、上質の昆布や分厚いどんこ(椎茸)、煎り大豆などを用いて、深みのある味を出しています。それも京料理の技のひとつですね。
席に着くと、京都本来の懐石料理の作法通り、まず白湯が供されます。そこから、もてなしが始まります。その料理は繊細で、目に美しく、深い味わいがあるだけでなく、ボリュームもあり、肉や魚がなくても十分に満足されると思います。

京都の土産に胡麻豆腐、湯葉豆腐などを買って行くこともできます。豆腐のなめらかさ、味がほかのものとちょっと違い、喜ばれますよ。

阿じろ

店名:阿じろ
住所:京都府京都市右京区花園寺8-3
電話:075-463-0221
交通:JR嵯峨野線「花園駅」から徒歩約7分
近い観光スポット:妙心寺、北野天満宮など
営業:11:00〜19:00(注文締切)
定休日:水曜日(祝日の場合は~営業)
予算の目安:昼3500円〜6000円/夜6000円〜12000円
予約:必要
駐車場:有 ホームページ:阿じろ

京都観光街めぐり
京都いい店、うまい店 京都観光街めぐり