図子と路地

(ずしとろうじ)

京都の路地

昔、京都の街では、通りに面して店が並んでいました。四角形の区画があれば、周囲を店が取り囲み、中央に空いた広場が できることになります。

この空間には、店の人や使用人の住居などが建てられました。空き地のままになっているところもありました。 この内部の空間を利用するために、細い道が通っていました。

道には向こうへ抜けられる道と、袋小路になっている道がありました。
通り抜けられる道のことを図子といいます。辻子と書くこともあります。
行き止まりの道のことを路地といいます。露地とも書き、「ろうじ」と伸ばして呼ばれます。

図子が通ってできた区域を、図子町といいます。図子町に暮らす人々のつながりは強く、京都独特の習慣がきちんと守られていました。

図子や路地には、生活の匂いが漂っていました。そこは道であるだけでなく、子どもたちの遊び場でもあり、いつも声が響いていました。

図子や路地は、今でも京都の町家の並びなどで目にします。
細い道の入り口には、「通り抜けできます」「通り抜けできません」と書かれた札が下がったり、貼紙がしてあることもあります。

現在は繁華街となった先斗町や木屋町などにも、その面影は残っています。
今度行ったら、のぞいてみてください。
昔の京都の名残りを感じます。


京都の路地の神様

◎京都観光用語集/街と暮らしのページへ


京都観光街めぐり