京友禅

(きょうゆうぜん)

京友禅

友禅染めは、染色の技法のひとつです。江戸時代中期の元禄期に、扇絵師・宮崎友禅斎によって創始されました。
宮崎友禅斎は京の町で活躍したあと、加賀へ移り住んだために、加賀でも友禅染めは発展しました。雅びさを重んじる京友禅に比べ、 加賀友禅は草花や鳥などをデザインに取り入れ、少し重みがあります。
これは京の公家文化に対する、加賀の武家文化という、文化の違いによるものでしょう。
もっとも、最近は、加賀友禅の衣装も、花鳥風月よりは抽象的な模様が多いな、というのが金沢に旅して加賀友禅を見て回った私の感想です。 シチュエーションをあまり問わずに着られるように配慮したのかもしれません。もちろん、私が見たものが全体のごく一部である可能性もあります。

少し話がそれました。京都のサイトですから、京友禅に話を戻します。

京友禅の模様は、手描きで描かれます。下絵には、つゆ草から取った青い汁を使います。あとで落ちるからです。最近は、合成染料も用いられます。

この手描きという点は、模様を彫った型紙を使う江戸小紋などとは対照的です。近年は型を使う技法も、プリントもありますが、 元々は手描きです。
デザインも、江戸小紋が細かい柄のモノトーンの中に格調の高さを求めるのに対し、京友禅は優美さ、華麗さ、可愛らしさを追求していきます。

図柄を描くときには、もち米や米糠などを混ぜて蒸して、よくこねてつくったのりで輪郭線を描き、その中に色をつけます。 のりのついた部分には、上から色が載らない性質を応用しています。したがって、手描き友禅の場合、輪郭が白く抜けています。

色をつけたら、高温の蒸気で蒸して色を布に定着させ、水洗いしてのりを落とし、湯のしをして、しわをとります。 この点、「蒸し」という工程のない藍染めなどとは大きく異なります。藍染めの生地を白い布でこすると藍色が移りますが、 京友禅でそんなことが起きたら大変です。重ね着をしたり、帯をしめたりできなくなってしまいます。

京友禅は、生産量こそ盛期の数%以下に落ちてしまいましたが、昔も今も女性のあこがれの的です。京都を旅して、着物姿の舞妓さん芸妓さんに出会うと、 「ラッキー!」と思う気持ちは、男性にも女性にもあるでしょう。

ただし、京友禅は季節やシチュエーションによって着る柄や、「この着物には、この帯を締める」というようなことが、かなり細かく決められています。
柄も、たとえば舞妓さんの場合、最初は華やかに見えるように、両肩に模様をつけ、その後は片方だけにして、芸妓さんになる直前は柄なしにするしきたりがあります。
色合いも同じように見えて、舞妓さんの方はおぼこっぽく、可愛く見えるよう、考えられています。
こういう点を「堅苦しい」と思うか、「京都のしきたりは、そういうもの」として楽しむかは、人次第です。

楽しむ人向けには、舞妓さん芸妓さん変身スタジオの人気が高いようですね。私の妻の母なども、京都で芸妓さんに変身して、 ピアノの上に写真を飾っています。
こういう場合、「あはは」と笑いながら、「きれいですね」とほめてあげるのが処世術、いや礼儀というものでしょう。

◎京都観光用語集/街と暮らしのページへ


京都観光街めぐり