錦市場

(にしきいちば)

錦市場

訪れた街の市場を歩くのは、旅の楽しみのひとつです。しかし、最近は、東西南北どこへ行っても、観光客目当ての商売をする店が増え、一見して、 それなりの品物が並んでいたりします。
その点、錦市場は京都市民の台所としての自覚がわりときちんとしていて、全体に品物がよく、安心して買い物ができます。
京都の人によい品を売るという姿勢が伝わってくるため、こういうことに敏感な観光客も集まってきます。観光シーズンは、まるで歳末のように混み合います。 込むのも、また、市場の魅力です。

錦市場は、京都の繁華街の中心にあります。百貨店をはじめ、いろいろな店が並ぶ四条通から1本北に入り、寺町通から高倉通まで、東西に伸びる 石畳の通路を挟んで、120軒以上の店が並んでいます。

なかには江戸時代、明治時代から続く老舗もあります。奥をのぞくと、いかにも年月を経た、筆書きの品書きや値札が壁にかかっていたりします。 まさか江戸時代からではないでしょうけど、味わいがあります。

季節感を感じるのも魅力です。京野菜をあつかう店のひとつを取材したことがありますが、短い時期にしか出ない野菜あり、比較的長期間出る野菜あり、 時期ごとに、さまざまな野菜が並ぶということでした。
長期間出る野菜でも、いちばんおいしい旬というのはあるそうです。

錦市場を歩くコツは、おなかを空かせて行くことです。割り箸と紙皿を持って歩きたいくらいですが、それはさすがにナンかもしれません。
でも、できるだけ、行く先々で、気になるものを買い食いしましょう。こういう場合、だれかが横にいて、自分のを奪いにくるのを防ぎながら、すきを見てあいてのを奪って食べると、よりおいしくなります。

湯葉、佃煮、漬物、菓子などは、お土産に持って帰ることもできます。冬なら、ぐじ(甘鯛)の干物などもだいじょうぶでしょう。

【観光情報】

アクセス:地下鉄烏丸線「四条」下車→徒歩3分
     阪急「烏丸」または「河原町」下車→徒歩3分


◎京都観光用語集/街と暮らしのページへ


京都観光街めぐり