町家

(まちや)

京都の伝統的な造りの家のことを町家といいます。商売をしている場合、町屋と書くこともあります。間口が狭くて奥行きがあり、細長い形をしています。 これは、江戸時代、間口の広さに応じて税金を取られたためです。

町家は外観に特徴があり、その美しさが多くの人を魅了しています。
目立つのは、まず、紅殻格子(べんがらこうし)と呼ばれる濃い赤色の格子。これは、酸化鉄を主成分とする塗料を塗ったものです。

表通りに面した中二階には、通風や採光のための虫籠窓(むしこまど)があります。形状が虫かごに似ているので、そう名づけられたといわれます。多くは、木材に縄を巻き、漆喰などで塗り固められています。
虫籠窓がついた町家は、今でも西陣周辺で見かけます。これは作業場だったためでしょう。

通りに面しては、犬矢来があります。昔の道路は泥道でしたから、雨が降ると、道はぬかるみになるので、犬矢来は泥よけの役目を果たしていました。 泥棒などの侵入者も防いだそうです。

犬矢来の名は、犬がおしっこをかけるのを防ぐことからついたといわれます。建物に直接かけられるのを防ぐためだったのでしょうか。 今では、祇園の料理屋などで、美観のために設けられています。

うなぎの寝床のような建物の中は、プライベート空間です。商いや工芸をなりわいとしている家では、作業場になっていました。

建物を奥へ進むと、壷庭という小さな庭に出ます。建物の横にも細い通路があって、庭へ通り抜けることもできました。

京都でも、町家の数は減りつつあります。昔の条件下では合理的で機能的だったのですが、やはり今は、現代の工法による家づくりの方が、 いろいろな点で有利なのでしょう。
しかし、町家には伝統的な美しさがあります。京都を愛好する観光客としては、守り、伝えていってほしいと思うのですが、勝手な願いでしょうか。

虫籠窓

虫籠窓


◎京都観光用語集/街と暮らしのページへ


京都観光街めぐり