衣替え

(ころもがえ)

日本に暮らす喜びは、四季があることです。春には桜、夏には緑、秋には紅葉、冬には雪と、折々に味わいのある情景を楽しむことができます。
時期により、気温も変化するため、着るものも変えていきます。

衣替えは、平安時代に宮中行事として始まり、その後、衣類だけでなく、調度品なども替えるようになりました。年に2回、旧暦の4月1日と10月1日に、貴族たちは着るものを変えました。

江戸時代、武家社会では、旧暦で4月〜5月4日は裏地のある袷(あわせ)を、5月5日〜8月末は裏地のない単衣(ひとえ)を、 9月8日まではまた袷を、9月9日〜翌年の3月末までは綿の入った着物を着ると定められていました。

このころには生産力もあがって、綿が庶民まで普及していましたから、庶民も季節ごとに着るものを変えていたようです。

ただし、今のように店に行きば気軽に服が買える時代とは違いますから、季節の変わり目になると、女性は家族の着物をほどいて洗い、 冬には綿を入れ、春には綿を取って、着物を縫い直していました。
重労働だったでしょうね。

現在、学校、警察、銀行などの多くでは、6月1日と10月1日に衣替えが行われます。これは洋装を取り入れた明治時代の軍制の名残です。
着物を着る人の間では、10月〜翌年5月までは袷、6月と9月は単衣、7月と8月は夏用の着物となっているようです。

子どもの頃、季節の変わり目にはよく祖母や母が、タンスの樟脳(しょうのう)を入れ替えていました。
そういう風景はなかなかよかったですが、今、わが妻はあまりそんなことはしません。少しは和服もあるので、以前は防虫剤も入れ替えていたのですが、最近は仕事と子育てに追われて、忘れがちです。 しかし、我が家の居間は陽当りがとてもよく、窓とドアを締めておくとかなりの高温になるため、虫は湧きにくいようです。

私自身は、ジャケットなどは季節の変わり目にクリーニングに出します。着た回数が少ないのでクリーニング代を惜しんで出さずにいて、 襟の色が変わってしまった経験が何度かあるので、必ず出すようにしています。

一般の家庭の衣替え事情は、京都でも同じ。ただし、町家では座布団のカバーを変えたり、室内を夏には夏向けの、秋冬には秋冬向けのしつらえとしたりします。 舞妓さんや芸妓さんが着るものを替えるのは、言うまでもありません。


◎京都観光用語集/四季と暮らしのページへ


京都観光街めぐり