川床

(かわゆか・かわどこ)

川床

初夏から初秋にかけて、川の流れのそばに設けられる食事処で、納涼床ともいいます。京都の人は、ただ「床」(ゆか)と呼ぶことも多いようです。
京都市中では、鴨川の川床が知られています。本来、河川際での営業は禁止されているはずですが、歴史を尊重し、京都市によって特別に許可されています。

川床の起源は、桃山時代、裕福な商人たちが河原に席を設けて、客をもてなしたことに始まります。そのころは広大な河原で、 現在のような家屋に固定した高床はなく、ただ座るだけの床几(しょうぎ/折りたたみのいす)が使われていました。

しかし、江戸時代に入ると、寛文年間(1661〜1673)に大規模な護岸工事が行われました。河原の幅が狭まり、 土手には常設の店舗がつくられるようになりました。高床はこのころ出現しました。見せ物も催され、賑わうようになっていきました。

近代に入ると、1877(昭和10)年、大洪水が起き、周辺に大きな被害をもたらしました。その後、河川の改修と護岸整備が行われました。 川底の土砂をさらって水深を深くしたため、流れが速くなり、床几は禁止されました。
このころ、上木屋町、先斗町、下木屋町のお茶屋や料亭が、高床を出すようになりました。

川床はその後も引き継がれて来ましたが、二階建てのものも出現。船形のものや朱塗りのものなども申請されたため、許可基準が設けられ、 現在のように統一されました。

川床は、鴨川のほか、鞍馬山の貴船や鷹峯でも行われています。


◎京都観光用語集/四季と暮らしのページへ


京都観光街めぐり