時代祭

じだいまつり

京都の歴史絵巻

時代祭の地図(Google mapを利用)

時代祭

時代祭は、1895(明治28)年、平安遷都1100年を記念して始められました。京都市民約2000人が参加し、 行列の長さは約2kmにおよぶ大規模なもので、祇園祭、葵祭とともに京都三大祭のひとつに数えられています。
毎年、桓武天皇平安京遷都を行った日にちなんで、10月22日に行われます。雨天の際は、順延です。
午前中は、祭りに伴う儀式が行われ、12:00に行列が京都御所を出発し、平安神宮をめざします。
行列の順序は、明治維新から延暦時代(平安京遷都前の長岡京のころ)へ向けて、新から旧へとさかのぼっていきます。

各時代の有名な人物を中心に、多くの人々が各時代の風俗を再現しています。また、近年は京都きものの女王や ミス・インターナショナル各国代表などが、行列に華やかな彩りを添えるようになっています。 日本の雅びな文化を代表する『源氏物語』の作者、紫式部などは、例年、本職の芸妓さんなどから選ばれます。美人ぞろいです。

時代祭を楽しむコツ

1.人物を把握しよう!

時代祭を楽しむコツは、何と言っても、各時代の有名人を押えることです。役のついた人には、人物名ののぼりが立ちますが、街頭で売っている絵入りのパンフレットを買うと、見る楽しみがグ〜ンと増します。

2.衣装をよく見よう!

時代祭の衣装は、時代考証の専門家によってしっかりと考証され、再現されたものです。衣装も見て、楽しみましょう。

時代祭を見る・撮るスポット

京都御苑は出発点なので早めに見られるし、雰囲気もいいです。ビルが入らないので、撮影に最適です。最前列をねらうなら、少なくとも2時間前に着くようにしましょう。
平安神宮は終着点なので遅めの観覧になりますが、これも雰囲気がいいです。
沿道で見やすいのは、道幅が広くて歩道も広い御池通り。次の地図で言うと左下、市営地下鉄の烏丸御池駅から京都市役所前駅にかけてのあたりです。行列が来る1時間〜2時間ほど前に、見やすい場所に立つようにするとよいでしょう。 ただ、有料観覧席もあって、行列までやや距離があります。
三条通りの方で見る手もあります。ビル街ですが、比較的人は少ないので、撮影もしやすいです。
有料観覧席が取れれば、それもよいと思います。何と言っても、見やすいですからね。しかし、祇園祭ほど観光客で「ぎっしり」ではありませんし、歩きながら見るのも楽しいですから、こだわる必要はないと思います。
なお、写真を撮るときは、馬や牛が驚いて暴走する怖れがあるため、フラッシュは禁止されています。逆光にならないポジションを確保しましょう。

時代祭の地図(Google mapを利用)

時代祭の行列構成

明治維新時代

維新勤王隊列
    ↓
幕末志士列:西郷吉之助(隆盛)、坂本竜馬、高杉晋作、桂小五郎(木戸孝允)など
    ↓

江戸時代

徳川城使上洛列
    ↓
江戸時代婦人列:和宮、出雲阿国、吉野太夫など
    ↓

安土・桃山時代

豊公参朝列
    ↓
織田公上洛列:織田信長、羽柴(豊臣)秀吉など
    ↓

室町時代

室町幕府執政列:足利家将軍など
    ↓
室町洛中風俗列
   ↓

吉野時代

楠公上洛列:楠木正成など
   ↓
中世婦人列:淀君、静御前など
   ↓

鎌倉時代

城南流鏑馬(やぶさめ)列
   ↓

藤原時代

藤原公卿参朝列
   ↓
平安時代婦人列:紫式部清少納言、巴御前、横笛(関連記事:滝口寺)など
   ↓

延暦時代

延暦武官行進列
   ↓
延暦文官参朝列
   ↓
神饌講社列
   ↓
前列
   ↓
神幸列
   ↓
白川女献花列
   ↓
弓箭組列

時代祭のあと…

時代祭のあと、どこかお寺や神社などをまわってみたい方や、夕方の新幹線の指定席を予約している方は、混雑に注意してください。
交通規制のため、バスは使えません。地下鉄は4時くらいから一気に込み始め、 5時はピークで1時間待ちなんてザラですから、ちょっと早めに切り上げましょう。 とくに同日の夜に行われる鞍馬の火祭を見たい場合は、急いでください。

問い合わせ先

京都市観光協会 TEL:075−752−0227
(9:00〜17:00/毎日)
京都市観光案内所/TEL:075−343−6655
(8:30〜19:00/毎日)

◎京都観光用語集/四季と暮らしのページへ


京都観光街めぐり