花冷え

(はなびえ)

雨の山桜

京都の桜は、3月下旬から4月上旬にかけて咲きます。山間部は少し遅れて、4月中旬。九州から関東くらいまで、 開花や満開の日はそれほど大きくは違わないでしょう。
この時期、気温は天気によって乱高下します。初夏のように暑い日もあれば、冬のように寒い日もあります。 さすがにめったなことでは雪は降りませんが、雨など降ると、しんしんと骨まで冷えます。

この時期の寒さを、花冷えといいます。
いつだれが言い始めた言い回しかは、わかりません。風流なようでもあり、恨みがこもっているようでもあります。

京都は盆地ですから寒暖の差が大きく、冷え方も激しいのかもしれません。


◎京都観光用語集/四季と暮らしのページへ


京都観光街めぐり