ぜんざい

ぜんざい

ぜんざいと汁粉は、餡にあずきが多いか少ないかで、区別されると言われています。
関東では、あずきが多いものをぜんざい、少ないものを汁粉と言います。その中間くらいのものを田舎汁粉と呼ぶこともあります。
関西ではあずきが多いものを亀山、中間くらいのものをぜんざい、少ないものを汁粉といいます。
亀山というのは、京都の山地、丹波の亀山に由来しています。亀山では、粒が大きく上等なあずきが生産されています。

あずきは、古来、赤っぽい独特な色から厄よけとされ、また体にもよいということで、餅にまぜるなどして、 農作業の合間などに食べられてきました。そして、江戸時代中期ごろから砂糖の生産量や輸入量が増えるにつれて甘味がつけられ、 「餡」とされたようです。
餡は、もともと中華料理の点心の中身を指す言葉ですが、日本では獣肉をあまり食べなかったため、豆を餡にするようになったのでしょう。

さて、粒餡を「小倉」とか「小倉餡」と呼ぶこともあります。
これは、あずきの粒を鹿の毛皮の模様に見立てて、鹿といえば紅葉、紅葉といえば小倉山という連想から、そう呼ぶようになったと思われます。

「ぜんざい」は漢字で書くと「善哉」。仏教で喜びを表す「善哉」(よきかな)に由来するとも言われています。


◎京都観光用語集/料理と食材のページへ


京都観光街めぐり