松茸

松茸

京都の丹波山中は、松茸の産地として知られています。とくに丹波篠山は、地名そのものがブランドとなっています。

松茸の旬は、9月下旬から11月上旬。時期になると、香り高い松茸が赤松やツガなどの林の中で、落ち葉の間から顔を出します。

昔は、今のように品薄で高価ではなかったので、松茸を採りに行って、その場でふんだんに焼いて食べたりしたこともあったそうです。

今も地元の人は、秘密の持ち場があるようですけれど、私たちは買わないと食べられません。

「香り松茸、味しめじ」といいますが、松茸は味も最高。土瓶蒸し、松茸ご飯など、何にしてもおいしいです。

でも、一度くらい、丸のまま炭火で焼いて、手割きで食べてみたいものです。

◎京都観光用語集/料理と食材のページへ


京都観光街めぐり