寺田屋

寺田屋は、江戸時代から続く旅館です。鳥羽・伏見の戦いで焼けたあと、隣接する場所に当時のようすを再現して再建され、現在でも旅館として営業しています。
幕末を代表する史跡のひとつです。

寺田屋では2つの大きな事件が起きています。

ひとつは1862(文久2)年に起きた、薩摩藩士による同士討ちです。
江戸時代末期、薩摩藩では脱藩して志士として活動する若者が多く、そのことを快く思っていなかった薩摩藩主島津久光は、自藩の尊王攘夷派が京都の寺田屋に集結したことを聞いて刺客を送り、 何人かを殺し、何人かを送還しました。送還された若者の中には、のちの西郷従道や大山巌もいました。

もうひとつは1866(慶応2)年に起きた、伏見奉行による坂本龍馬暗殺未遂事件です。
薩長連合を成し遂げた坂本龍馬は、行動を共にしていた長州藩士、三吉慎蔵とのちに妻となるおりょうを待たせている伏見の寺田屋へ向かいました。
真夜中に到着し、龍馬と三吉慎蔵が飲み始めたところ、伏見奉行所の捕吏たちに取り囲まれてしまいました。

龍馬と三吉慎蔵のために布団を敷いてから風呂に入ったおりょうは、窓から外を見てびっくり。裸のまま階段を駆け上がって、捕吏たちに囲まれたことを報せました。
乱闘とはなったものの、おりょうの裸の報せのおかげもあって、龍馬と三吉慎蔵は窮地を脱しています。

寺田屋の1階

京都伏見にある寺田屋は、京都の伝統的な町家づくり。往時の面影を残しています。建物の中へ上がると、坂本龍馬や維新の志士に関係する史料類がいっぱい飾られています。


寺田屋の階段

階段を上ってみましょう。左には木戸孝允。期待が盛り上がります。


寺田屋の2階

2階へ上がったら、我らが龍馬がいました!


寺田屋の看板

窓の外には寺田屋の看板が見えています。何とも雰囲気があります。


寺田屋の階段

風呂に入っていたおりょうが捕吏に気づき、龍馬に報せるために駆け上がった階段を再現したものです。


刀痕

左側の削いだようなところが刀痕とされます。正確に言えば、建物が再建されたあとにつくられたもので、刀痕というよりは小刀で削った感じです。もうちょっと本物らしくつくってほしかったかな…。


おりょうが入っていた風呂

おりょうが入っていた風呂を再現したものです。おりょうも窓の外に捕吏たちを見たときには、さぞや驚いたことでしょう。


坂本龍馬の碑

外には坂本龍馬など幕末に関係する碑がいくつも建っています。


京都観光街めぐり

【寺田屋の基本情報】

●正式名称

寺田屋(てらだや)

●住所

〒612-8045 京都府京都市伏見区南浜町263

●電話

観光など:075-622-0243
宿泊案内:075-622-0252

●参観に要する時間

15分〜20分ほど。

●参観時間

10:00〜16:00
(15:40に受付終了)

●休日

1月1日〜1月3日、月曜日に不定休あり

●駐車場

2台

●参観料

    一般 団体割引
大人  400円 360円
大学生 300円 250円
高校生 300円 250円
中学生 300円 250円
小学生 200円 150円
※未就学児の参観不可。
※団体割引は30人以上。

●車いすによる拝観

不可


【寺田屋へのアクセス】

●京都駅から
JRで1駅の東福寺で京阪電鉄に乗り換え、「伏見桃山」または「中書島」下車、徒歩8分
●四条河原町から
徒歩で鴨川を渡り、京阪電鉄に乗って「伏見桃山」または「中書島」下車、徒歩8分


【寺田屋近くの見所】

このへんは伏見の酒どころ。昔は川を利用し、船で米や酒を運んでいました。


濠川

▲濠川
川岸は柳並木。船が浮かんで、よい雰囲気です。


近くに長建寺というお寺がありました。あまり人に知られていないお寺をめぐるのも、京都観光の楽しみです。


長建寺

▲長建寺
静かな境内です。


長建寺の井戸

▲長建寺の井戸
きれいな水。井戸は由緒がありそうです。


【寺田屋を含む京都観光コースガイド】

電車か車を使いますが、10円玉で有名な平等院や三室戸寺とは比較的近いです。

◎平等院と茶どころ宇治をめぐる


京都観光街めぐり