塔頭

(たっちゅう)

塔頭とは、寺院の敷地内にある子院のことを指します。
元来は、祖師や高僧の死後、弟子が師の徳を慕って、師の墓塔のまわりに立てたものでした。

さて、中国では、住持を隠退した僧侶は、雲水たちと共同の住まいで暮らすことになっていましたが、やがて寺の敷地内に庵を結びそこに住む者が現れました。大勢で暮らすのは気詰まりなので、ひとりで静かに暮らしたい、ということなのでしょうか。

このような中国の慣習が日本に伝わると、子院は子院として受け継がれ、存続するようになっていきました。

大徳寺や妙心寺は、とくに塔頭が多い寺です。

枯山水の庭で有名な龍安寺も、妙心寺の塔頭のひとつです。


◎京都観光用語集/神社仏閣のページへ

京都観光街めぐり