六道珍皇寺

仏教では人間が死後に行く世界には、生前の行いによって地獄道、餓鬼道、畜生道、修羅道、人間道、天道の六道があるとされており、その名が冠されているのが六道珍皇寺です。
この周辺は平安京の風葬の地であった鳥辺野の入り口であったことから、この世とあの世の境目とされていました。
中世の頃からこの周辺は「六道の辻」と呼ばれるようになり、六道珍皇寺と呼ばれるようになったようです。

創建は平安時代初期の延暦年間であったとされますが、寺の名前などにはいろいろな説があり、はっきりしません。
ともあれ都の死者は三途の川に見立てられた鴨川を越えてこの寺へ運ばれて弔われたのち、鳥辺野に運ばれて葬られていたと伝わっています。葬儀でもない限りは、普通の人が近づくようなお寺ではありませんでした。

このお寺の井戸は冥界につながっているとされており、朝廷の臣である小野篁(おののたかむら)にまつわる不思議な伝説があり、『今昔物語』には次のような話が載っています。

右大臣の藤原良相(よしすけ/よしみ)が死んであの世に行き、閻魔大王の宮殿に引き出された。すると冥官たちの中に小野篁がいた。
小野篁は罪を犯して、藤原良相にかばったもらったことがあったので、「この人は心正しい人間です」と閻魔大王に話をし、おかげで藤原良相は生き返った。
藤原良相が宮中で小野篁に出会うと、小野篁は「以前のお礼をしたまでのことです。人にはおっしゃらないように」と口止めをした。

小野篁(おののたかむら)は遣隋使小野妹子の子孫にあたり、嵯峨天皇に仕えていました。
才気にあふれ、「子」の字を12個並べたものを何と読むか聞かれて、「猫の子子猫、獅子の子子獅子」と即座に答えたという話もあります。
身長は190cm近く、武芸にも優れた異才でしたが奇行が多かったことから、夜になるとこのお寺の井戸から冥界へ行き、閻魔大王に仕えていたという奇憚が生まれたのかもしれません。

六道珍皇寺は、今では京都を代表するミステリースポットのひとつとして、密かな人気を集めています。


お堂
門を入って右手に、お堂があります。格子の隙間から閻魔大王と小野篁の像を見ることができます。


水子祀堂
すぐそばの水子祀堂では、この世に生を受けることなくあの世にもどった水子たちを慰めています。


本堂
境内正面の奥には本堂。その手前に碑が立っています。


鐘楼
六道珍皇寺の鐘楼は変わっていて、四方を壁で囲まれており、赤く太い縄を引っ張って鳴らします。しかし、その鐘の音ははるかあの世まで届くとされています。


六道の辻の提灯
六道の辻の提灯が雰囲気を出しています。


清水坂
小野篁が冥界へ通ったという「冥土通いの井戸」は、遠目に見ることができます。竹のふたがかぶせられています。また、2011年には旧境内地である隣接する土地で、帰り道であった「黄泉がえりの井戸」と思われる井戸が発見されています。


公式ホームページ

六道珍皇寺


京都観光街めぐり

【六道珍皇寺の基本情報】

●正式名称

六道珍皇寺(ろくどうちんのうじ)

●宗派

臨済宗建仁寺派

●山号

大椿山

●本尊

薬師如来

●住所

〒605-0811 京都市東山区松原通東大路西入小松町595

●電話

075-561-4129

●見学に要する時間

10分〜20分ほど。

●拝観時間

9:00〜16:00まで。
※終了時間の30分前までに入場してください。

●休日

12月28日〜31日

●駐車場

あり(3台)

●通常拝観料

無料(寺宝の拝観は500円)

●車いすによる拝観


※ただし、「冥土通いの井戸」を見るには、短い階段があります。


【六道珍皇寺へのアクセス】

●京都駅から
市バス100系統銀閣寺行き、または206系統北大路バスターミナル行きに乗り、「清水道」下車
●四条河原町から
市バス201系統、203系統、207系統の祇園方面行きで「祇園」下車→(乗り換え)→市バス206系統東山七条・京都駅行きか、202系統と207系統の東福寺・九条車庫行き「清水道」下車。
※他路線バスでも行けたり、他ルートがある場合もあります。


【六道珍皇寺のワンポイント】

地獄絵などの特別拝観を希望する場合は、前もって予約が必要です。人数は数人以上から、有料で受け付けています、


【六道珍皇寺近くの見所】

清水寺と六道珍皇寺の間のバス通りに老舗あめ屋「みなとや幽霊子育飴本舗」があります。約400年前のこと、女が夜ごと水あめを買いに来るので、不思議に思った店主が後を追うと、鳥辺野の墓地で姿を消し、土の中から赤ん坊の泣き声が聞こえてきました。掘り返すと、あめをしゃぶっている赤ん坊が現れました。身ごもったまま亡くなった女が、死後に生まれた赤ん坊を飴で育てていたのです。赤ん坊はのちに高僧となったと伝わっています。


【公式ホームページ】

六道珍皇寺


京都観光街めぐり