仁和寺

仁和寺は、真言宗御室派の総本山です。京都を代表する寺のひとつで、世界文化遺産に登録されています。創建は888年。宇多天皇が譲位後に法皇となり、この寺に御座所をつくって院政を敷いたため、「御室御所」とも呼ばれました。

中世には、鳥羽院や待賢門院、美福門院や法金剛院などが帰依し、仁和寺には女院の御願による塔頭がつくられていきました。さらに周辺には塔頭に加えて、四円寺(円融寺、円教寺、円乗寺、円宗寺)が建立され、貴族の別業(別荘)も増えていきました。仁和寺はこれらの寺々の中心となり、院政時代には「政治は内裏、宗教は御室」といわれるほどの一大文化圏を成していました。

陶工として歴史に名高い野々村仁清やその弟子、尾形乾山なども近くに住みつきました。御室の山は赤松が多く、窯焚き用の薪を得るのに都合がよかったためです。

仁和寺のまわりに暮らす人々は、今でもこんな歌を歌います。

あたしゃお多福 御室の桜 鼻は低くても 人が好く

「鼻」は、背丈の低い名物の御室桜の「花」との掛け言葉。京都有数の名刹の近所に育った誇りと親しみがいっしょになったような、ちょっと面白い歌です。

仁和寺は、今では京都を代表する桜の名所として有名になりました。樹齢100年以上の桜もあります。


なお、御室は「おむろ」と読みます。余談ですが、電子機器メーカー、オムロンの創業当時の本社は仁和寺の近くにあり、「御室」から名づけられています。


仁和寺の仁王
嵐山電鉄の御室仁和寺駅をで降りると、通りの向こうに、仁和寺の二王門(仁王門)が見えます。徳川幕府第3代将軍、徳川家光が寄進したものです。仁王像は迫力に満ちています。


仁和寺の五重塔
豪壮な二王門をくぐると、格調高い本坊表門や、透かし彫りが美しい勅使門、五重塔などが見えてきます。境内は、ゆったりとしていて、王朝風の趣きがあります。


冬の仁和寺
冬の仁和寺平唐門です。ただ、ひたすら静かに、桜は春を待っています。


仁和寺の桜
仁和寺の桜です。背丈が低い桜が多く、京都の中でも遅咲きで知られています。地面の下に岩盤があり、根を深く張れないためと推測されています。


【仁和寺の歴史】

仁和寺は光孝天皇の勅願により、平安時代前期の886(仁和2)年に建設が始められました。 しかし、光孝天皇は翌年寺の完成を見ずに崩御したため、宇多天皇が20歳で位につき、父帝の遺志を引きついで888(仁和4)年に完成させました。
はじめは「西山御願寺」といいましたが、人心の協調融和と国家安泰を願った光孝天皇の年号「仁和」への思いからか、年号をとって仁和寺と号するようになりました。


ちなみに光孝天皇とは「君がため春の野にいでて若菜摘む 我が衣手に雪は降りつつ」の歌を詠んだ天皇で、包丁の儀式を制定させた人物でもあります。くわしくは、次へ。

若菜摘み

また、宇多天皇とは菅原道真を見出し、登用した人物です。
宇多天皇は897(寛平9)年に譲位して出家し、仁和寺伽藍の西南に「御室」(おむろ)と呼ばれる僧坊を建てて住んだため、今でも「御室の桜」などの名称が遺っています。
仁和寺では、宇多天皇以降、皇室出身者が代々門跡(住職)を務め、格式の高いお寺とされてきました。


しかし、1467(応仁元)年に始まった応仁の乱により、仁和寺は建物のほとんどを焼失して、荒廃。
その後、江戸時代に入って、仁和寺第21世 覚深法親王が、徳川幕府3代将軍家光に寺の再興を願い出て、寛永年間(1624〜1644年)、ようやく伽藍が整備されました。
また、皇居建て替えに伴い、御所から紫宸殿(現在の金堂)、清涼殿(御影堂)など多くの建造物が下賜され、1646(正保3)年、創建時の姿にもどりました。


1867(慶応3)年、第30世 純仁法親王が還俗したことにより、皇室出身者が門跡となる門跡寺院の歴史を終了し、 1994(平成6)年、「古都京都の文化財」のひとつとして、ユネスコの世界遺産に登録され、現在に至っています。


【仁和寺のエピソード】

仁和寺というと、吉田兼好の『徒然草』を思い出す人も多いでしょう。
『徒然草』には、石清水八幡宮を参拝しようとした法師が、勘違いをしてふもとの寺を参拝してしまったり、稚児と戯れようとする法師が雙ケ岡に折り詰めを埋めて誘い出そうとしたところ、何者かに盗まれたり、 里芋が好物の高僧が師匠から譲られた金銭や僧坊までも里芋に替えてしまったり、といった話が書かれています。
なかでも酒に酔った法師が三本足の鼎(かなえ)を頭から被って踊って抜けなくなり、無理やり引き抜いて、鼻がもげるような大けがを負ってしまう話は有名です。
現在の仁和寺では、『徒然草』の記述は、人間味のあるおもしろ話として評価されているとのことです。


この場所を含む京都観光コースガイドへ

◎金閣寺からきぬかけの路を行く


京都観光街めぐり

【仁和寺の基本情報】

●正式名称

仁和寺(にんなじ)

●宗派

真言宗御室派

●山号

大内山

●本尊

阿弥陀如来

●住所

〒616-8092 京都府京都市右京区御室大内33

●電話

075-461-1155

●見学に要する時間

1時間ほど

●拝観時間

3月〜11月 9:00〜17:00
(16:30に受付終了)
12月〜2月 9:00〜16:30
(16:00に受付終了)

●休日

年中無休

●拝観料

    御殿 霊宝館 御室桜の特別入山料
大人  500円 500円  500円
高校生 500円 300円  500円
中学生 300円 300円  200円
小学生 300円 無料   200円
※30名以上の団体には割引あり。
※茶室(遼廓亭・飛濤亭)の拝観には、5名以上で7日前までに予約し、別途1000円必要です。
※春の御室桜の時期には、特別入山料がかかります。また、中門の内側、境内(伽藍)は有料となります。

●霊宝館の拝観期間および時間

春季:4月1日〜5月第4日曜日まで
9:00〜16:30
秋季:10月1日〜11月23日まで
9:00〜16:30

●駐車場

時間:3月〜11月 9:00〜17:30
   12月〜2月 9:00〜17:00
駐車料金:
普通乗用車 500円(120台)
大型車 1000円(12台)

●車いすによる拝観


【仁和寺観光のワンポイント】

大きくて広いお寺で、見所も各所にありますから、時間に余裕を持ってください。


【仁和寺へのアクセス】

●京都駅から
市バス26系統御室・山越行きに乗り、「御室仁和寺」下車
またはJR山陰線で「花園」下車、徒歩15分
●四条河原町から
市バス10系統御室・山越行きに乗り、「御室仁和寺」下車
※他路線バスでも行けたり、他ルートがある場合もあります。


【仁和寺を含む京都観光コースガイド】

◎金閣寺からきぬかけの路を行く


【公式ホームページ】

仁和寺


京都観光街めぐり