二条城、二の丸御殿

二条城は、京都の繁華街に位置する広大な城です。徳川幕府の草創期と最後に大きな役割を果たしたことで知られています。徳川家康が大阪冬の陣・夏の陣の軍議を開いたところであり、徳川家康が征夷大将軍に任ぜられたときの儀式が行われたところでもあります。 また、最後の将軍、徳川慶喜が勝海舟と差し向かいで会談し、大政奉還を行ったところでもあります。

ただし、城といっても天守閣は残っていないため、あまり城らしい印象は受けません。その点、姫路城や大坂城とは異なります。建物は堂々として世界遺産たる風格はあるかもしれませんが、率直に言って、外観に大きな魅力がある名所ではないと思います

しかし、二の丸御殿の中の障壁画や天井画、将軍に大名たちが拝謁するようすを再現したジオラマは相当に見応えがあります。うぐいす張りの廊下も楽しいです。
二条城は、京都でも毎年人気ベスト5〜7位の観光名所となっています。これはおそらく歴史的価値が大きいこと、そのため修学旅行の定番ポイントになっていることによるのでしょう。

なお、二条城で一番の見所は二の丸御殿の中ですが、ここは撮影禁止です。ですから、建造物の外観や庭などしか、紹介することができません。
日本史がお好きな方は、ぜひご自分の目でご覧になり、戦国末期や明治維新に想いを馳せることをお勧め致します。


二条城のお堀二条城の入り口

二条城のまわりには、敵の侵入を防ぐための堀があります。堀を横目に見ながら、入場券を買い、入ります。


城跡釣り鐘

お城だった名残もあります。順路に沿って歩くと、釣り鐘が展示してあります。二条城と京都の治安維持にあたった所司代との間で連絡に使われたものです。


池

こちらは二の丸庭園。大広間からも行幸御殿からも正面に見えるように作庭されていることから、別名を「八陣の庭」と言います。 後水尾天皇が行幸の際、小堀遠州がつくったと伝えられています。


天守閣の跡天守閣の跡2

奥へ進んで行くと、天守閣の跡に至ります。階段を上ると、小さな広場になっています。


天守閣の跡からの眺め

天守閣の跡から振り返ってみると、二条城が広く見渡せます。


本丸御殿

本丸御殿の前を過ぎ、広い敷地を歩いて終わりです。


公式ホームページ

二条城


この場所を含む京都観光コースガイドへ

◎新選組の史跡と二条城


京都観光街めぐり

【二条城の基本情報】

●正式名称

元離宮二条城(もとりきゅうにじょうじょう)

●住所

〒604-8301 京都市中京区二条通堀川西入二条城町541

●電話

075-841-0096
(京都市役所 文化市民局 元離宮二条城事務所)

●見学に要する時間

1時間〜1時間半ほど。

●見学時間

8:45〜17:00 ※入場は16:00まで

●休日

1月・7月・8月・12月の火曜日(祝日の場合は翌日)
12月26日〜1月4日

●駐車場

バス  30台  2500円
乗用車 210台 2時間まで600円
以降1時間ごと200円
1日券1400円
小型・大型二輪 300円
自転車 200円
※二条城駐車場 075-801-5564

●見学料

大人  600円
高校生 350円
中学生 350円
小学生 200円
幼児  無料

●車いすによる拝観


【二条城へのアクセス】

●京都駅から
市バス9系統・50系統・101系統で「二条城前」下車、徒歩5分。
またはJR山陰線(嵯峨野線)で「二条」下車。地下鉄東西線に乗り換え、「二条城前」下車、徒歩5分。
●四条河原町から
北へ向かって8〜10分ほど歩き、「京都市役所前」から地下鉄東西線で「二条城前」下車、徒歩5分。
※他路線バスでも行けたり、他ルートがある場合もあります。


【二条城観光のワンポイント】

季節を重視する人は少ないですが、実は京都有数の桜の名所です。


【二条城を含む京都観光コースガイド】

◎新選組の史跡と二条城


【公式ホームページ】

二条城


京都観光街めぐり