勧修寺

勧修寺は、真言宗山階派の大本山です。900(昌泰3)年に醍醐天皇が母、藤原胤子(つぎこ)の菩提を弔うため、胤子の祖父である宮道弥益(みやじいやます)の邸宅跡を寺としたのが始まりです。
醍醐天皇と勧修寺に関しては、『今昔物語』に玉の輿伝説が伝えられています。

今は昔、藤原冬嗣の孫で藤原高藤という人がいました。高藤は15歳か16歳のある日、鷹狩りに出かけて嵐にあい、道に迷いました。ふと見ると、人家があります。
雨宿りに立ち寄ると、そこに13歳か14歳の列子(たまこ)という、かわいい娘がいました。ふたりは一夜を過ごし、高藤は結婚の約束に刀を与えて帰りました。
6年の歳月が過ぎました。高藤が再びその家を訪れると、美しく成長した娘と自分によく似た女の子がいました。

成長した娘は列子、自分によく似た女の子は胤子。この胤子が醍醐天皇を産んだのです。

もうひとつ、藤原高藤は紫式部の祖先にもあたります。
高藤が結婚の約束を守らなければ、醍醐天皇も紫式部も生まれなかったわけです。恋の約束を守る大切さにも通じる話です。


今の時代に見る勧修寺は、東山や嵐山の有名寺院のような飾り気はありませんが、質朴な雰囲気の中にどこか王朝の典雅さが感じられ、それが何とも言えない魅力となっています。


勧修寺の本堂

勧修寺は飾り気のない、それでいて王朝の雅を感じさせるお寺です。紫陽花の咲くころの勧修寺本堂です。


さざれ石

勧修寺には、見所がたくさんあります。これはさざれ石です。


勧修寺の灯籠

庭の灯籠です。水戸黄門(光圀)から贈られたものと伝えられています。


臥龍の梅

「臥龍の梅」と名づけられた梅の木です。地を横にはうようすを龍に見立てたものでしょう。咲いたところを見てみたいです。


勧修寺のしだれ桜

花めぐりをしてみましょう。春はなんといっても桜です。


勧修寺の藤

桜が終わり、5月に入ると、池のほとりに短い期間、藤が咲きます。


勧修寺の紫陽花

梅雨に入ると、紫陽花の季節です。和の庭にはよく映えます。


勧修寺のカキツバタ

紫陽花と併行しつつ、杜若が花をつけます。


勧修寺の沙羅

初夏には、沙羅(サラ/ナツツバキ)が咲きます。『平家物語』に描かれた沙羅双樹とされています。しかし、インドで育った釈迦が入滅の際に咲いた沙羅双樹と、 日本の沙羅が同じ植物であるはずがありません。どこかで言葉が入れ違った、ということでしょう。


この場所を含む京都観光コースガイドへ

◎醍醐寺と山科の寺々をめぐる


京都観光街めぐり

【勧修寺の基本情報】

●正式名称

勧修寺(かじゅうじ)

●宗派

真言宗山階派

●山号

亀甲山

●本尊

千手観音

●住所

〒607-8226 京都市山科区勧修寺仁王堂町27-6

●電話

075-571-0048

●見学に要する時間

20分〜45分ほど。

●拝観時間

9:00〜16:00
(受付終了30分前には入場してください。)

●休日

年中無休

●駐車場

あり(普通車:無料、50台分/バス:無料、8台分)


勧修寺の駐車場入り口

▲勧修寺の駐車場入り口
徒歩の参拝者と同じ方へ進みます。


●拝観料

    一般 団体割引
大人  400円 320円
大学生 400円 320円
高校生 400円 320円
中学生 200円 160円
小人  200円 160円
※団体は30名以上。

●車いすによる拝観


※「勧修寺」は「かじゅうじ」と読むのが通例です。「勧修寺」は「京都市山科区勧修寺」という地名にもなっています。しかし、道すがら、「かんしゅうじ」と平仮名で書いてあるのを見つけました。
勧修寺でお寺の人にどちらが正しいのか尋ねたら、「どちらでもいいんですよ」とのこと。お寺のことは「かじゅうじ」、住所は「かんしゅうじ」と読むことが多いのかと思われますが、 よくわからないですね。こういう曖昧は、曖昧のままでいいのではないか、と思います。


【勧修寺へのアクセス】

●京都駅から
JRで「山科」へ行き、地下鉄東西線に乗り換え、「小野」で下車(約25分)→徒歩約7分
●四条河原町から
京阪バスの醍醐バスターミナル行きに乗り、「小野」下車。
※他ルートがある場合もあります。


【勧修寺観光のワンポイント】

境内に池があり、そのまわりの小径を歩くことができますから、歩いてみてください。池の周りでは、風景をスケッチしている人も多いです。


勧修寺の駐車場入り口

▲池のほとりの道
こんな感じで、地元の方がスケッチを楽しんでいます。でも、この看板…。 別に「大いに危険」とは思わなかったですけど、足腰の弱っている高齢者には危ないのかも知れません。この先へ行く方は自己責任で。


【勧修寺の歴史】

勧修寺は、900(昌泰3)年、醍醐天皇が若くして亡くなった生母の藤原胤子(つぎこ)を追悼するため、 胤子の同母兄弟である右大臣藤原定方に命じて、胤子の祖父にあたる宮道弥益(みやじいやます)の邸宅跡を寺に改めたものです。
その際、胤子の父、藤原高藤のおくり名をとって勧修寺と名づけました。開山は東大寺出身の法相宗の僧、承俊です。宮道邸だったとき、すでに庭園には池があったようです。


南北朝時代、後伏見天皇第7皇子の寛胤法親王が15世の住職となって以降、勧修寺は皇族が代々住職を務める門跡寺院となりました。 寺運も盛んで、勧修寺の寺領は加賀国郡家荘をはじめ、三河、備前など18か荘に及んでいました。


しかし、その後、応仁の乱と文明の乱で寺は焼失。さらに豊臣秀吉が伏見街道を造るに際して寺領を削られ、勧修寺は次第に衰退していきました。


勧修寺が再興されるのは、江戸時代に入って、1682(天和2)年、霊元天皇の皇子の済深法親王が住職となってからです。
済深法親王は東大寺大仏殿再建に功があったとして、寺領が大幅に加増されました。 徳川幕府や皇室からの援助もあり、17世紀末にはほぼ現在の状態にまで復興され、18世紀末頃の絵図には、池を中心に中島や池の周囲の亭や橋、石組などが描かれています。


明治時代に入ると、廃仏毀釈の動きの中で門跡が還俗されたため、皇室からの援助も途絶え、第二次世界大戦中は建物が陸軍病院の分院とされ、境内は畑にされてしまいました。


戦後は檀家や近隣の住民にも支えられ、勧修寺は次第にもとの姿を取りもどしていきました。 1988(昭和63)年5月には京都市の名勝に指定されて、現在に至っています。


【勧修寺を含む京都観光コースガイド】

◎醍醐寺と山科の寺々をめぐる


京都観光街めぐり