祇王寺

祇王寺は、奥嵯峨にある真言宗の尼寺です。山号は高松山と称します。もとは法然上人の門弟良鎮によって創始された往生院という寺でした。
しかし、平清盛の寵愛を受け、のちに仏御前に愛を奪われて捨てられた白拍子の祇王が、母や妹とともに庵を結んだことにより、祇王寺と呼ばれるようになりました。
( 白拍子とは、平安時代、白い水干(すいかん)、立烏帽子(たてえぼし)の男装で、当時流行した「今様」を歌いながら舞を舞った女性です。)

この模様は、『平家物語』に描かれています。
仏御前は加賀国の白拍子で、清盛の館に行き、舞をお目にかけたい、と申し出ます。しかし、清盛は「祇王がいるから、さっさと帰れ」と断わります。 そこを祇王が取りなし、会わせてあげたところ、清盛は仏御前を一目で気に入り、祇王のほうが捨てられてしまいます。
しかも残酷なことに清盛は、「仏御前の相手をせよ」と祇王を呼びもどします。仏御前の下座におかれる屈辱を受け、どれほどくやしかったことか…。 祇王は母と妹の3人で、都を捨てて出家してしまいます。
ある夜、草庵の戸をたたく音がしました。祇王が戸を開けると、そこにはなんと仏御前が立っていました。仏御前は自分が清盛の愛を奪ってしまったことを負い目と感じ続け、 「いつかは自分も捨てられる」とはかなんで、祇王たちの棲む草庵を訪れたのです。
祇王も恨みを捨て、「恨みも嘆きもない17歳が浄土を願うとは、まことの大道心の持ち主、仏道に導く善知識。 いっしょに往生を願いましょう」と迎え入れて、以後、4人は朝夕熱心に仏前に花香を供えて、ともに暮らし、往生の本懐を遂げたと伝えられています。

祇王寺の本堂には、祇王とその母、妹の祇女、仏御前、そして平清盛の像が置かれています。
本堂といっても、ごく小さい建物です。しかし、それがこの寺の味わいです。


祇王寺の円窓

本堂の円窓です。斜の格子からのぞく外の風景が広がりを感じさせ、京都らしい味があります。祇王寺の円窓は、コマーシャルにも使われるそうです。


祇王寺の竹林

嵯峨野の寺らしく、竹林もあります。竹って、清々しくていいですね。


祇王寺の道

本堂へ続く道です。祇王寺では庭の周りを歩くようになっています。緑の苔の上に桜の花びらや、紅葉が散った風景は、さぞきれいでしょう。


秋の祇王寺です。境内のカエデは130本。散り紅葉の時期には、まっかな紅葉が降り積り、じゅうたんのようになっています。


公式ホームページ

祇王寺


この場所を含む京都観光コースガイドへ

◎嵐山・嵯峨野コースA  嵐山のスタンダード


京都観光街めぐり

【祇王寺の基本情報】

●正式名称

高松山往生院祇王寺(ぎおうじ)

●宗派

真言宗大覚寺派

●山号

高松山

●本尊

大日如来

●住所

〒616-8435 京都市右京区嵯峨鳥居本小坂32

●電話

075-861-3574

●見学に要する時間

15分〜30分ほど。

●拝観時間

9:00〜17:00
(16:30に受付終了)

●休日

元旦

●駐車場

あり(6台/無料)

●拝観料

    一般 団体割引
大人  300円 250円
大学生 300円 200円
高校生 300円 200円
中学生 300円 200円
小学生 100円 100円
※大覚寺・祇王寺(2カ寺)共通拝観券:600円

●車いすによる拝観

不可


【祇王寺へのアクセス】

●京都駅から
JRで「嵯峨嵐山」へ
または市バス28系統嵐山大覚寺行きに乗り、「嵐山天竜寺前」下車
●四条河原町から
市バス嵐山嵯峨・山越行きに乗り、「嵐山」下車
※この周辺の観光は、渡月橋や天竜寺を起点に、徒歩またはレンタサイクルでまわることになります。下車後、距離があります。
※他路線バスでも行けたり、他ルートがある場合もあります。


【祇王寺観光のワンポイント】

小さいけれど、風情があります。夏は苔の緑色が美しく、晩秋には紅葉が降り積もります。ぜひ、立ち寄ってください。


【祇王寺の歴史】

平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて、浄土宗の祖として活躍した法然上人の弟子に、良鎮という僧がいました。
良鎮は往生院という寺を創建し、山上山下の広い寺領がありましたが、しだいに衰退し、ささやかな尼寺として残り、祇王の逸話によって祇王寺と呼ばれるようになりました。
しかし、祇王寺は明治初期の廃仏棄釈によって廃寺となり、祇王らの木像と墓は大覚寺によって保管されました。
大覚寺の僧、楠玉諦がこれを惜しみ、再建を考えていたところ、1895(明治28)年、祇王の物語を知った京都府知事の北垣国道氏が別荘の茶室を寄付し、往生院の跡地に移築されました。
これが現在の祇王寺です。


【祇王寺を含む京都観光コースガイド】

◎嵐山・嵯峨野コースA  嵐山のスタンダード


【公式ホームページ】

祇王寺


京都観光街めぐり