伏見稲荷大社の初詣

伏見稲荷大社は、全国の稲荷社の総本山です。歴史は古く、伝説によれば、和銅4(711)年2月初午の日、稲荷山三ケ峯に稲荷神が鎮座したのに始まる、とされています。現在でも2月の最初の午の日は、初午(はつうま)大祭として祝われ、前日の巳の日から、多くの参拝客でにぎわいます。

「稲荷」は、その字から推し量ることができるように、もともとは作物の実りを司る農耕神でしたが、江戸時代中期、商業が発達してくるとともに、商売繁盛の神ともなりました。芸事の上達にも、効能あらたかとされています。
全国にある神社の数は、境内社を含めて約9万社。その3分の1にあたる約3万社が稲荷社ですから、日本人の生活に深く溶けこんだ神様と言ってよいでしょう。

「稲荷」の社名の由来については、秦伊呂巨(はたのいろぐ)が餅で的をつくり、矢を射ると餅は白い鳥となって飛び去って、舞い降りた峰に稲が実ったことからついたという話が、『山城国風土記』逸文に記されています。

秦(はた)氏は、朝鮮半島から渡来し、当時最先端の土木技術や養蚕・機織りの技術を生かして平安京の造営と産業の発展に貢献した一族です。おそらく、秦氏がこの地の人々とともに日本古来の信仰をまとめたものだったのでしょう。

その他、東寺で起居している弘法大師のもとに、以前旅の途中に出会った老翁(神)が訪れ、仏法を守るために稲荷山に鎮座したという伝説もあります。
今でも伏見稲荷大社の稲荷祭の際には、神輿が東寺に立ち寄るので、何らかの関係があることは確かでしょう。

さて、「稲荷」といえば、だれもが狐を思い浮かべます。これは、稲が実るころ、山の神が狐を先駆けとして下りてきて、農作業を守るという考えから始まるようです。
昔の人々は、キツネに霊的なものを感じていたので、おそらく山に食べ物が少なくなって人里に姿を見せるようになった狐に、「神様に守ってほしい」という思いをこめたものと思われます。

一方、稲荷寿司の伝統は意外と新しく、江戸後期の天保年間に名古屋でつくられ、江戸などに広まったもののようです。


伏見稲荷大社の参道

駅から出ると、すぐに参道に出ます。参道は、まっすぐ伏見稲荷大社へ続いています。


伏見稲荷大社の狐

神様のお使いの狐です。子どもには、ちょっと怖いかもしれません。


伏見稲荷大社の社殿
下の方の社殿です。境内には大小の社殿がいくつもあります。


伏見稲荷大社の本殿

こちらは本殿。まずは、こちらにお参りをしましょう。


伏見稲荷大社の鳥居

伏見稲荷大社といえば、千本鳥居です。朱色の美しい鳥居が、ふもとから山頂まで約5000基も続いています。


伏見稲荷大社の鳥居のトンネル

まさに「鳥居のトンネル」です。途中で2本の道に分かれ、2本の道は平行して続いています。


伏見なり大社の鳥居のトンネンの2本道

今通ってきたところを振り返ってみました。不思議な空間。そう、私たちは「異界」から来たのです。


伏見稲荷大社の鳥居と狐

道は、まだまだ続いています。この道をたどると山頂をぐるりとまわって帰ってくることになります。


京都旅行で、伏見稲荷大社の「おもかる石」に挑戦1京都旅行で、伏見稲荷大社の「おもかる石」に挑戦2京都旅行で、伏見稲荷大社の「おもかる石」に挑戦3

さて、伏見稲荷大社の名物といえば、「おもかる石」。願い事を思い浮かべながら、石を持ち上げ、軽く感じれば、その願い事はかなうといわれています。
上は出張のついでの小旅行の写真。まず、編集者のDさんが持ち上げます。「あ〜〜っ、重い!」 願い事は、かないそうにありません。
次に私がトライ。仕事があまりなさそうで心配な後輩のことを思い浮かべ、お賽銭を投げると、100円玉は賽銭箱の木の部分にあたって跳ね返されて、コロコロと転がり、 溝に入ってしまいました。お〜っと、石を持ち上げる前から、「ダメ出し」か! 石も重かったです。まあ、他人事なので「よし」としましょう(笑)。
最後にカメラマンのCさんがトライ。「良縁」を祈りながら持ち上げると、「あ、軽い!」って。旅のあとで会ったら、めぐり合いがあって、ルンルンしていました。
Cさんは、前日、地主神社の「恋占い」も成功していました。時空に問いを発したとき、かなう場合はタイミングよく笑い声が聞こえたりするそうで、 これを「外応」というそうです。占いって、当るかもしれません。


伏見稲荷大社の狐のお札

狐のお札が奉納されていました。幸せがいっぱい訪れると、いいですね!
いっしょに旅したDさんとCさんと私にも、後輩にも。
そして、この拙いホームページを訪れて、読んでくださったあなたにも。


公式ホームページ

伏見稲荷大社


この場所を含む京都観光コースガイドへ

◎三十三間堂から洛南の寺社へ


京都観光街めぐり

【伏見稲荷大社の基本情報】

●正式名称

伏見稲荷大社(ふしみいなりたいしゃ)

●通称・別名

お稲荷さん(おいなりさん)

●主祭神

稲荷大神宇迦之御魂大神 (うかのみたまのおおかみ)

●配神

佐田彦大神、大宮能売大神、田中大神、四大神 (しのおおかみ)

●ご利益

五穀豊穣、商売繁盛など

●住所

〒612-0882 京都市伏見区深草藪之内町68番地

●電話

075-641-7331

●見学に要する時間

1時間〜2時間半ほど。
※山頂まで行くと時間がかかります。

●拝観時間

時間に関係なく境内に入れます。社務所が開いているのは、8:30〜16:30です。

●休日

年中無休

●駐車場

あり(乗用車約170台、大型車20台/無料)

●拝観料

無料

●車いすによる拝観

可(ふもとに位置する本殿付近まで)


【伏見稲荷大社へのアクセス】

●京都駅から
JR奈良線で「稲荷」下車
●四条河原町から
四条大橋を渡り、京阪電車祇園四条駅から京阪線で「伏見稲荷」下車
※他路線バスでも行けたり、他ルートがある場合もあります。


【伏見稲荷大社観光のワンポイント】

神社の多くがそうであるように、伏見稲荷大社には門限がありません。したがって、夜行バスで京都に朝6時に着いたり、日中ほかの観光名所をまわって夕方訪れるというように、時間調整にも活用できます。 社務所が開いている時間帯しか、お守りなどは買えませんけど。
ただし、新幹線を予約しているような場合、「行きはよいよい、帰りはこわい」です。京都駅まで5分という至近距離にありながら、電車の本数が少ないので、観光中にスマホで調べるなり、 稲荷駅を降りたときに帰りの電車の時刻をメモするなり、用心をしておきましょう。
なお、JRと京阪電車はすぐ近くです。


【伏見稲荷大社の年間行事】

1月

●1月12日  14:00〜
奉射祭(ほうしゃさい)

神職によって弓を射る儀式が行われ、矢の当たり方によってその年の吉凶を占います。

2月

●2月節分の日
節分

祭典終了後・11:30・13:00の3回 豆まき行事が行われます。

●2月初午の日 8:00
初午大祭(はつうまたいさい

稲荷大神が稲荷山の三ヶ峰に初めて鎮座した和銅4年2月の初午の日を祝います。京都では初春第一の祭事とされ、多くの参詣者でにぎわいます。

4月

●4月8日に最も近い日曜日 13:00
産業祭

稲荷大神は農業の神から転じてあらゆる産業の神とされ、全国の産業界から優秀な製品等が奉納されます。ちょっと微笑ましいです。

●4月12日 11:00
水口播種祭(みなくちはしゅさい)

稲荷大神に稲が健康に育つことを祈願します。

●4月20日に最も近い日曜日
稲荷祭(神幸祭)(いなりさい/しんこうさい)

11:00から神事が行われ、14:00に神輿が出発します。神輿はJR京都駅の南西にあたる西九条にあるお旅所へ向かい、奉安殿に納められます。 また、4月下旬に5基の神輿が各氏子区内を巡幸します。

5月

●5月3日
稲荷祭(還幸祭)(いなりさい/かんこうさい)

9:00から殿内陣の各御簾五条に、葵5個を結んだ桂の枝3本づつをかける神事が行われます。14:00から神輿がめぐり、 16:00にもどってきて、無事に帰還したことを称える還幸祭が行われます。

6月

●6月10日 13:00
田植祭

神前に日々供される御料米の稲苗を神田へ植えるお祭です。平安王朝をしのばせる典雅な「御田舞」が奏され、早乙女たちによって田植が行われます。

7月

●7月土用入後初の日曜又は祝日 9:00
本宮祭/前日の18:00 宵宮祭

稲荷大神の分霊を祀る全国の崇敬者が総本宮に参拝し、神恩に感謝する大祭です。前日の宵宮祭では、境内の石灯篭と数千におよぶ献納提灯に灯を点ずる万灯神事が行われます。

10月

●10月24日 10:00
献茶祭(けんちゃさい

裏千家家元により献茶の儀が行われます。境内のあちこちに茶席が設けられ、境内は一日中、和装の女性たちで賑わいます。

11月

●11月8日 13:00
火焚祭(ひたきさい)

秋の収穫のあと、稲荷大神に五穀豊饒を感謝します。

●11月8日 18:00
御神楽(みかぐら)

秋の収穫のあと、稲荷大神に五穀豊饒を感謝します。
古の鎮魂祭にもとづく神事です。薄明かりの中、本歌・末歌・和琴・笛・ひちりきが奏でられ、「人長舞」が行われます。
※年末年始は、非常に多くの参拝客でにぎわいます。
※天候その他の諸事情により中止もしくは変更になることもあります。


【伏見稲荷大社の歴史】

稲荷大神のご鎮座は、秦伊呂巨(はたのいろぐ)という人物によって、和銅4年(711)に成されたとされています。これが伏見稲荷大社の公式の始まりです。
ただし、『日本書紀』には、欽明天皇が即位(539または531)する前、秦大津父(はたのおおづち)という人物を登用すれば天下を治めることができるという夢を見た話が載っています。 秦大津父と秦伊呂巨をつなぐ手がかりは、学問的に検証されてはいません。とは言え、何らかの関係があったことは考えられます。
秦氏は朝鮮半島からの渡来人ですから、中国か朝鮮半島から来た易などが古代神道の基盤になっているのかもしれません。実際、木火土金水の五行や十二支などは、神道においても重要です。 神道とは五行や十二支などの大陸・半島渡来の世界観と原始日本の自然信仰が融合して形成されていったのでしょう。
時代が下って15世紀には神仏習合が進んだ影響により、東寺の末寺の愛染寺が神宮寺として建立されました。ただし、明治時代の神仏分離・廃仏毀釈によって廃されました。
明治4(1871)年には近代社格制度のもとで官幣大社となり、神社名を「稲荷神社」と称しました。 しかし、大戦後の1946年に神社本庁とは独立した単立宗教法人となって「伏見稲荷大社」と改称し、現在に至っています。


【伏見稲荷大社を含む京都観光コースガイド】

◎三十三間堂から洛南の寺社へ


【公式ホームページ】

伏見稲荷大社


京都観光街めぐり