醍醐寺

醍醐寺は、醍醐山麓に広大な寺領を持つ真言宗醍醐派の総本山です。874年、理源大師(聖宝)が山上に庵を結んで観音像を刻んだのが始まりです。
ときの醍醐天皇は理源大師に帰依し、釈迦堂、薬師堂、五大堂を建立しました。
そののちも村上天皇が五重塔を建立するなど、天皇家とのかかわりを深めていきます。

醍醐寺には山頂の上醍醐寺とふもとの下醍醐寺がありますが、室町時代には戦火によってふもとにある建物は五重塔を残して消失し、山上にある建物も荒廃しました。
しかし、戦国時代に入ると豊臣秀吉の信仰を受け、江戸時代には徳川家康からが4000石という大きな寄進を得て、再び隆盛しました。

さて、醍醐寺といえば、何といっても桜です。これは1598年3月15日に豊臣秀吉が諸大名を集めて催した「醍醐の花見」の伝統によります。
それ以来、今に至るまで、醍醐寺は京都を代表する桜の寺となっています。

しかし、醍醐寺は桜だけではありません。
三宝院の庭は、日本を代表する名庭のひとつです。写真撮影は禁止されているため、ここには紹介できませんが、藤戸石という名石を中心に壮大な光景が展開されています。
また、秋には毘沙門堂の紅葉も見事です。
寺宝も約10万点におよびます。その多くは、霊宝館で見ることができます。

山腹にあるため自然も豊かです。
上醍醐寺には私もまだ登ったことがありませんが、涼しくて時間がたっぷりとある日に挑戦してみようと思っています。


醍醐寺の五重塔

三宝院(一番上の写真)の庭を見たあと、境内を奥へまっすぐ進むと、天高くそびえる五重塔が姿を現します。 この塔は、醍醐寺のすぐ近く、小野の出身の藤原胤子(いんし)を母にもつ醍醐天皇の没後一年に発願されました。


醍醐寺金堂

五重塔の左手前には、金堂があります。1600年に紀州(和歌山)の湯浅から移築されました。平安時代末期の建物と見られています。


醍醐寺不動堂

さらに奥へ進むと、不動堂。石に刻まれた不動明王が守っています。


醍醐寺のしだれ桜

醍醐寺といえば、桜ですね。これはしだれ桜。


醍醐寺の桜

こちらはソメイヨシノ。このほかに八重桜など多彩な品種の桜が境内を包み込みます。


桜吹雪

一陣の風が桜を散らして、通り過ぎてゆきました。豊臣秀吉と「醍醐の花見」に集まった諸大名の杯にも、桜の花びらは舞い落ちたでしょうか。


醍醐寺金堂の紅葉

醍醐寺といえば桜のイメージが強いですが、紅葉もそうとうなものです。


醍醐寺弁天堂の紅葉

これは見事な紅葉の庭園。深紅の紅葉が弁天堂を彩っています。


この場所を含む京都観光コースガイドへ

◎醍醐寺と山科の寺々をめぐる


京都観光街めぐり

【醍醐寺の基本情報】

●正式名称

醍醐寺(だいごじ)

●宗派

真言宗醍醐派

●山号

醍醐山、深雪山(上醍醐寺)

●本尊

薬師如来

●住所

〒601-1325 京都市伏見区醍醐東大路町22

●電話

075-571-0002

●見学に要する時間

1時間〜2時間ほど。上醍醐寺へ行く場合は半日。

●拝観時間

3月〜12月第1日曜日
9:00〜17:00(16:30までに受付)
12月第1日曜日の翌日〜2月末日
9:00〜16:00(15:30までに受付)

●休日

年中無休

●駐車場

あり(普通車約100台・大型車約8台/有料)

●拝観料(三宝院・伽藍・醍醐寺霊宝館それぞれに必要)

    一般 団体割引
大人  600円 400円
大学生 600円 400円
高校生 300円 200円
中学生 300円 200円
小人  無料
※割引共通券あり
三宝院、伽藍、霊宝館のいずれか2施設:大人1000円、高校生・中学生500円
3施設:大人1500円、高校生・中学生750円
※上醍醐の拝観料は別途必要。金額は三宝院・伽藍・醍醐寺霊宝館と同額。

●車いすによる拝観

境内の一部で可
※障害者証明証持参の方および介添え者1名無料


【醍醐寺へのアクセス】

●京都駅から
八条口のホテル京阪前から京阪バスに乗り、「醍醐寺」下車。
または、JRで「山科」へ行き、地下鉄東西線に乗り換え、「醍醐」で下車。 徒歩10分。
※東西線の醍醐駅からは上り坂を歩くので、京阪バスがお勧めです。
●四条河原町から
鴨川をわたり、京阪線「祇園四条」から「三条」へ
→地下鉄東西線「三条京阪」から「醍醐」へ。
※他路線でも行けたり、他ルートがある場合もあります。


【醍醐寺観光のワンポイント】

広大な寺院で見所が多いため、少なくとも1時間以上を要します。余裕を持って出かけてください。京都の桜を代表する名所なので、桜の時期にはとても込み合います。


【醍醐寺のおもな年間行事】

2月

●2月23日
五大力尊仁王会(ごだいりきそんにんのうえ)

五大明王の力を授かり、その化身である五大力菩薩によって国の平和や国民の幸福を願います。醍醐寺最大の行事です。

4月

●4月第2日曜日
豊太閤花見行列(ほうたいこうはなみぎょうれつ)

「醍醐の花見」を催した豊臣秀吉の故事に則り、桜の咲く中、行列が組まれ、舞楽などが披露されます。

5月

●5月18日を中心とする1週間
准胝観世音菩薩(じゅんていかんのんぼさつ)ご開帳法要

上醍醐・准胝堂の准胝観世音菩薩のご開帳が行われます。坂がきつい上醍醐なので健脚の方向きです。

8月

●8月5日
醍醐山万灯会(だいごさんまんとうえ)

1000を超える灯篭や提灯に灯が点され、精霊供養法要や施餓鬼供養が行なわれます。境内は幻想的な雰囲気に包まれます。


【醍醐寺の歴史】

平安時代前期の貞観16(874)年、聖宝理源大師が上醍醐の山上で地主横尾明神の導きにより、醍醐水の霊泉を見つけました。それをきっかけに、小さなお堂をつくって准胝観音と如意輪観音像を安置したのが始まりとされています。
その後、醍醐天皇・朱雀天皇・村上天皇の信仰を得て、栄えました。初めは上醍醐から建物の建設が始まり、平安時代中期にかけて下醍醐の釈迦堂や五重塔などが建てられました。
桃山時代の1598年には、豊臣秀吉が豊臣秀頼、北政所、淀殿らを引き連れ、諸大名とその家臣約1300名を従えて、盛大な花見を催し、「醍醐の花見」として伝わっています。


【醍醐寺を含む京都観光コースガイド】

◎醍醐寺と山科の寺々をめぐる


【公式ホームページ】

醍醐寺


京都観光街めぐり