平等院

平等院は藤原一門の最盛期を築いた藤原道長の息子、藤原頼通が建てた寺です。とくに鳳凰堂は平安文化の粋を集めてつくられ、10円玉のモチーフとされていることで知られています。
平安時代初期、この地には左大臣源融(みなもとのとおる)の別荘があり、時代が下って藤原道長が山荘を造営しました。それを藤原頼通が寺としたものです。

当時、人々の間では末法思想が流行していました。
末法思想とは、釈迦の入滅後、仏教の教えが正しく行われる正法(しょうぼう)の時代がある期間続き(500年説や1000年説がある)、そのあとは似非の仏法といえる像法(ぞうぼう)の時代がある期間続き、 そのあとにまったく仏法が行われない末法の世が来るとする思想です。

末法の世に入るのは、西暦で言うと1052年とされていました。藤原頼通はこの年、山荘を寺としたのです。

当時、阿弥陀仏による救済を願って、全国にいくつも阿弥陀堂が建てられました。今日の平等院鳳凰堂にあたる阿弥陀堂が造営されたのは、末法の世2年目の1053年です。
水面に映る美しい姿は、極楽浄土を表したものとされています。藤原頼通は仏にすがって、死後の幸福を求めたのでしょう。


平等院の阿弥陀如来像

鳳凰堂の中には、阿弥陀如来が安置されています。鳳凰堂の中に入って、見ることもできます。


平等院の鳳凰

屋根の左右の端には、鳳凰がとまっています。これは実はレプリカで、本物は鳳翔館に展示されています。


平等院の睡蓮

池には睡蓮が咲き、初夏を彩ります。


平等院の梵鐘

梵鐘は国宝ですが、屋根の鳳凰と同じく、外にあるのはレプリカです。本物は鳳翔館に展示されています。


五重相伝会

五重相伝会です。なかなか見事な建造物です。


平等院の不動堂

こちらは不動堂。建物は小さくとも、豪壮で気宇壮大。


源頼政の墓

平清盛の横暴に憤り、兵を挙げ、敗死した源頼政の墓です。「埋もれ木の 花さくこともなかりしに みのなるはてぞ 悲しかりける」が、その辞世の歌でした。


Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

この場所を含む京都観光コースガイドへ

◎平等院と茶どころ宇治をめぐる


京都観光街めぐり

【平等院の基本情報】

●正式名称

平等院(びょうどういん)

●宗派

特定の宗派に属さない。

●山号

朝日山

●本尊

阿弥陀如来

●住所

〒611-0021 京都市宇治市宇治蓮華116

●電話

0774-21-2861

●見学に要する時間

1時間〜1時間半ほど。

●拝観時間

8:30〜17:30
(17:15まで受付/平等院ミュージアム鳳翔館は16:45に受付終了)

●休日

年中無休

●駐車場

近くの民間の駐車場を利用。

●拝観料

    一般 団体割引
大人  600円 500円
大学生 600円 500円
高校生 400円 300円
中学生 400円 300円
小人  300円 200円
※鳳凰堂内部拝観は別途300円

●車いすによる拝観

可(境内の多くは平坦)
※障害者証明証持参の方および介添え者1名半額


【平等院へのアクセス】

◎京都駅から
JR奈良線に乗り、「宇治」で下車
徒歩10分。
◎四条河原町から
鴨川をわたり、京阪本線「祇園四条」から「東福寺」へ行き、JR奈良線に乗り換え、「宇治」へ。下車徒歩10分
※他路線でも行けたり、他ルートがある場合もあります。


【平等院観光のワンポイント】

晴れた日に見ると、最高に美しいです。開門と同時に行けば、わりと空いています。平等院ミュージアム鳳翔館は、とても充実しているので、ぜひ見てください。 鳳凰堂の内部を拝観することもできます。


【平等院の国宝(例)】

●阿弥陀如来像
平安時代後期の仏師、定朝の作です。完成は天喜元年(1053)です。寄木造りの和様の仏像です。
●鳳凰
鳳と凰で一対となっています。平等院の屋根についている鳳凰はレプリカですが、本物は平等院ミュージアム鳳翔館に展示してあります。


【平等院の歴史】

藤原氏の全盛時代を築いた藤原道長が、左大臣源重信の婦人から譲り受けた別荘を、藤原道長の子頼通が、永承7(1052)年に寺として、平等院と名づけました。 平等とは、仏を信じる者ならだれでも平等に救済されるということを意味しています。開基は藤原頼通、開山は天台宗の僧、明尊です。
その翌年の天喜元(1053)年に阿弥陀堂(鳳凰堂)が完成。仏師定朝によってつくられた阿弥陀如来坐像が安置されました。
はるかに時代が下って昭和26(1951)年、10円硬貨の絵柄に選ばれました。「日本の代表的な文化財で、建物に特徴があるから」というのが、その理由です。 おそらく左右対称の美しい形が、硬貨のデザインにふさわしいと考えられたのでしょう。


【平等院を含む京都観光コースガイド】

◎平等院と茶どころ宇治をめぐる


【平等院の公式ホームページ】

平等院


京都観光街めぐり