高瀬川

(たかせがわ)

高瀬川

京都市内を流れる鴨川の西側を、ほぼ平行に流れる川があります。高瀬川です。江戸時代初期の慶長16(1611)年、貿易商の角倉了以(すみのくら りょうい)によって、大阪から京都へ、米や炭を舟で運ぶために開かれた人工の水路です。
森鴎外の小説『高瀬川』をはじめ、吉川英治の作品などにも、しばしば登場します。

「風情がありますか」と聞かれれば、「そうですねぇ」と、ちょっと口ごもります。

高瀬川は、正確に言えば、5つあります。高瀬川、東高瀬川、西高瀬川、古高瀬川、旧高瀬川です。しかし、東高瀬川、西高瀬川は水量も少なく、古高瀬川、旧高瀬川となると、かなりの部分をコンクリートや鉄板でふさがれて、上は道路や駐車場となり、昔の面影はありません。

かつて、京都では、川が水運や農業に大きな役割を果たしていました。
今は舟でものを運ぶ時代でもありませんし、市中で手広く農業を行う時代でもありません。
役割を終えた川ですが、十分な水量の水を流せば、都市の憩いの空間となるように思います。

本流の高瀬川は、幸い、ある程度のきれいさは保っています。
旅をしながら、小説に描かれた情景に思いを馳せるのは、よいものです。


◎京都用語集/京都の地理のページへ


京都観光街めぐり