賀茂川・鴨川

(かもがわ)

鴨川

京都の中心には、Yの字の形に川が流れています。賀茂川と書いたり、鴨川と書いたりします。加茂川とも書きます。習慣的には、西を賀茂川または加茂川、東を高野川と呼び、下鴨神社の近くで合流すると、鴨川となります。
ただし、行政上は賀茂川も鴨川も、「鴨川」で統一されています。

加茂川の名は、今の上賀茂神社や下鴨神社を氏神とし、この地域に古くから住んでいた賀茂氏に由来します。

賀茂氏は大陸からの渡来人の子孫で、古代に奈良からこの地に入ったようです。この周辺は、深泥池や大田神社のカキツバタ群落があることから推測されるように湿地帯でしたが、 賀茂氏は用水路をつくって排水を行い、農耕を可能にして、先住民よりも優位に立っていったと考えられています。
その用水路が明神川です。

賀茂川は、絶大な権力を誇った白河法皇が「自分の意のままにならないもの」として、双六(すごろく)の賽(さい)、山法師(比叡山延暦寺の僧兵〕とともに挙げられたことでも知られる暴れ川でしたが、河川工事によって、現在は治水に成功しています。


◎京都用語集/京都の地理のページへ


京都観光街めぐり