比叡山

(ひえいざん)

比叡山

京都市と滋賀県大津市にまたがる比叡山(大比叡)と四明岳を合わせて、比叡山といいます。最澄(伝教大師)が開いた延暦寺がある山として、 あまりにも有名です。平安京から見て、北東の鬼門、丑寅(うしとら)の方角にあるため、鎮護国家の要としても重要な役割を負っていました。

比叡山の観光では、標高約800mのところにあるお堂などを巡ることになります。少しばかり体力が要りますが、ケーブルカーやロープウェイで 頂上まで上がれるので、無理はありません。

延暦寺の根本中堂には、最澄が寺を創建した当時から灯を点し続ける「不滅の法灯」があります。計算すると、1200年以上経っていることになります。 ただ1回、織田信長の軍勢によって焼き打ちにあったときには、消されてしまいました。
このときは、東北地方の末寺に分けてあった法灯から火を接いで、今に至るそうです。

延暦寺には、根本中堂がある東塔、釈迦堂のある西塔、そしてこの2つから離れた横川(よかわ)の3つのエリアがあり、参道によって 結ばれています。山の清澄な空気を吸いながら歩くと、気持ちいいです。

一般の参道のほかに、行者道もあります。歩くのは禁じられていないので、少しばかり迷いこんでみるのもいいかもしれません。

比叡山というと、変な思い出があります。もう20年も昔、京都の大学へ進んだ友人といっしょに登って、おなかが空いたので、お蕎麦屋さんみたいなところに入りました。
表のウインドウに海老が2つ乗った、蝋細工の天丼が飾ってあったので注文したのですが、海老は尻尾だけで、あとはタヌキ、つまり天カスでした。

私と友人は目が点になり、顔を見合わせました。しかし、あまりにもおなかが空いていたので、黙って食べて出ました。

あの店はどうなったのだろうと、時々、思い出します。今となっては、場所も全く憶えていません。

もし、その店を見つけた方は、お知らせくださいな。何をどうするというわけではないですが、今でもあったら笑えますので。


【観光情報】

料金:550円(国宝殿も拝観の場合は850円)
時間:東塔 8時30分〜16時30分
   西塔・横川 8時30分〜16時
※1月〜2月末までは、30分早く閉まります。ただし、大晦日は開いています。
休日:年中無休
公式ホームページ:比叡山延暦寺

アクセス:
■京都市中から
●JR京都駅/京阪三条駅から
比叡山ドライブバス(約60分)

●JR京都駅→叡山電車「八瀬遊園駅」下車→叡山ケーブル+叡山ロープウェイ→比叡山山頂

■琵琶湖側から
●JR湖西線「比叡山坂本駅」下車→バス5分または徒歩25分→坂本ケーブル→比叡山山頂

●京阪電車「坂本駅」→バス2分または徒歩10分(又はバス約2分)→坂本ケーブル→比叡山山頂

●JR湖西線「雄琴駅」「堅田駅」→バス

■車の場合
●名神高速道路京都東インター→西大津バイパス→近江神宮ランプ→下鴨大津線で比叡山ドライブウェイで「田の谷峠」へ
●びわ湖大橋方面→国道161号線の「堅田」または「雄琴」→奥比叡ドライブウェイで「仰木」へ


◎京都用語集/京都の地理のページへ


京都観光街めぐり