上ル 下ル 西入ル 東入ル

(のぼる さがる にしいる ひがしいる)

京都では、北へ行くことを「上ル」、南へ行くことを「下ル」といいます。京都では、北方の土地が高く、南方の土地が低いためのようです。

また、ある角を西へ曲ることを「西入ル」、東へ曲ることを「東入ル」といいます。碁盤の目のように道路がつくられた京都ならではの表現です。

慣れないと少し違和感は感じますが、頭の中に縦横のます目を思い浮かべれば、場所はどこか、わかります。

住所を表わすのに、通りの名を使うことは、ヨーロッパなどでは珍しくないです。地域名を使う方が、もしかしたら、わかりにくいかもしれません。


◎京都用語集/京都の地理のページへ


京都観光街めぐり