東福寺の通天閣(初夏)


東福寺の通天橋

京都観光街めぐり

三十三間堂の千一体の観音様は、京都の仏像のなかでも際立った存在。また、京都有数の紅葉の名所として知られる東福寺は、渓谷美も見事。 ほかにも伏見稲荷大社の朱塗りの鳥居など、京都の宝物のような文化財や風景が点在しています。バラエティに富んだ観光コースです。

MAP「三十三間堂から洛南の寺社へ」の地図を並べて見る


アドバイス

京都の代表的な紅葉スポット、東福寺は拝観受付の終了時間が早いので、 東福寺に行きたいという方は、早め早めに移動するようにしてください。 紅葉の時期は、2時間待ちなどという日もありますから、最初に東福寺へ向かってもよいでしょう。

京都駅からのアクセス

京都駅バスターミナルの市バスD2乗り場から206・208系統、D1乗り場から100系統で約20分。 博物館・三十三間堂前下車、徒歩すぐ。

入場は、原則として終了時間の30分前までに/移動時間は目安です。

観光キーワード:黄金の観音像

金色に輝く千一体の観音様を拝する

三十三間堂(蓮華王院 )

京都府京都市東山区三十三間堂廻町657

後白河上皇の命を受けた平清盛によって創建されました。堂の長さは120mもあり、木造建築では世界一。堂内には千体の千手観音立像が並んでいます。 1月15日に一番近い日曜日に行われる「通し矢」は、京都の行事の中でも有名で、多くの観光客が集まります。

三十三間堂について、もっとくわしく

【観光情報】

料金:600円(小人300円、中学生・高校生400円)
時間:8時〜17時(11月16日〜3月31日は9時〜16時)
休日:年中無休 駐車場:50台(無料)
公式ホームページ:蓮華王院三十三間堂

三十三間堂/千一体の観音様

荘厳な観音像(イラスト:渡辺文也)
※イラストは三十三間堂を管轄する妙法院様のご了解を得て掲載しています。

徒歩マーク(男性貴族) ↓徒歩3分

観光キーワード:京都の美術品と歴史的遺物

京都の文化財を収蔵、展示

京都国立博物館

京都府京都市東山区茶屋町527

京都に伝わる美術品や文化財を展示しています。建物は、1895(明治28)年に建てられたレンガ造りの洋風建築物で、国の重要文化財。 建物自体が観光スポットでもあります。

【観光情報】

料金:500円(小学生・中学生無料、高校生・大学生250円、特別展覧会は別料金)
時間:9時30分〜17時(特別展覧会開催期間中、金曜日は20時まで。その他の日は18時まで) ※入館はいずれも30分前まで
休日:月(定休日が祝日の場合は翌日休)  駐車場:あり
アクセス:市バス博物館三十三間堂前下車、徒歩すぐ
公式ホームページ:京都国立博物館

京都国立博物館

歴史の風格がただよう京都国立博物館
(写真提供:京都国立博物館)

徒歩マーク(男性貴族) ↓徒歩5分

観光キーワード:大阪夏の陣

大阪夏の陣・冬の陣のきっかけになった

(ほうこうじ)

方広寺

京都府京都市東山区正面通大和大路東入茶屋町

豊臣秀吉により、奈良の大仏を上回る高さの大仏を安置して創建されました。のち、大仏は地震により倒壊、建物は火災により焼失しました。 その後、秀吉の子、秀頼が再建した際、梵鐘の銘文「国家安康・君臣豊楽」に、徳川家康が「家と康を分断し、豊臣の繁栄を願うものだ」と文句をつけ、 大阪冬の陣のきっかけとなりました。

【観光情報】

料金:境内無料(鐘堂100円、本堂200円) 時間・休日:参拝自由 駐車場:3台

徒歩マーク(男性貴族) ↓徒歩7分

観光キーワード:梅/サツキ/キキョウ

長谷川等伯の障壁画がすばらしい

(ちしゃくいん)

智積院

京都府京都市東山区東大路七条下ル東瓦町964

真言宗智山派の総本山で、もとは紀州にありましたが、鎌倉時代に京都のこの地へに移転。のちに徳川家康が寺領を寄進し、寺名を智積院と改めました。 江戸初期の京都を代表する名庭と、桃山時代の画家、長谷川等伯一派による桜図・楓図は、この観光コースではぜひ見ておきたいものです。等伯は、日本の絵画史上の巨人です。気韻が凛々としており、私は大好きです。

智積院
夏の智積院
【観光情報】

料金:500円(小人200円、中学生・高校生300円)
時間:9時〜16時30分
休日:12月29日〜31日
駐車場:30台(無料)
アクセス:市バス東山七条下車、徒歩3分/京阪電鉄七条駅下車、徒歩10分
公式ホームページ:智積院

徒歩マーク(男性貴族) ↓徒歩30分(バスまたはタクシーもお勧め!)

観光キーワード:楊貴妃観音像

唐の美女、楊貴妃の観音像を祀る

(せんにゅうじ)

泉涌寺

京都府京都市東山区泉涌寺山内町27

真言宗泉涌寺派の総本山です。京都の数ある寺社の中でも皇室との関わりが深く、御寺と呼ばれています。 観音堂には唐の玄宗皇帝がつくらせたとされる楊貴妃観音の像が安置されています。

泉涌寺/月輪御陵

月輪御陵

泉涌寺/秋の庭園

秋の庭園

泉涌寺/楊貴妃観音像

楊貴妃観音

【観光情報】

料金:500円(小学生・中学生300円/特別拝観 300円)
時間:9時〜16時30分(12〜2月は16時まで)
休日:年中無休  駐車場:30台(無料)
アクセス:市バス泉涌寺道下車、徒歩10分/JR・京阪電車東福寺下車、徒歩15分 
公式ホームページ:泉涌寺
(写真提供:泉涌寺)

徒歩マーク(男性貴族) ↓徒歩10分

観光キーワード:通天橋、紅葉

京都有数の紅葉の名所

東福寺

京都府京都市東山区本町15丁目778

鎌倉時代に九條道家が創建した京都最大級の寺で、京都五山のひとつです。国宝の多さもさることながら、京都でも指折りの紅葉の観光名所として知られています。

東福寺について、もっとくわしく

【観光情報】

料金:通天橋・開山堂400円(小学生・中学生300円) 方丈八相庭園400円(小学生・中学生300円)
時間:4月〜10月/9時〜16時30分
   11月〜秋の特別拝観期間中/8時30分〜16時30分
   秋の特別拝観終了〜3月31日/9時〜16時
   ※受付は30分前まで
休日:特定日以外は無休/方丈庭園のみ12月31日、1月1日休み
駐車場:30台(無料/11月は駐車不可)
アクセス:JR奈良線・京阪本線東福寺駅下車、徒歩10分/市バス東福寺下車、徒歩10分
公式ホームページ:東福寺
車いす・杖の方:通常は健常者とともに天得院近くの日下門が入口ですが、秋の特別拝観期間中のみ、車いすの方は六波羅門が入口となります。なお、通天橋の上までは、車いすでも行くことができます。方丈もまわれます。

東福寺/紅葉

通天橋の紅葉

東福寺/枯山水の庭

枯山水の庭
(写真提供:東福寺)

徒歩マーク(男性貴族) ↓徒歩20分(タクシーもお勧め!)

観光キーワード:千本鳥居

京都にある全国の稲荷神社の総本宮

伏見稲荷大社

京都府京都市伏見区深草薮ノ内町68

全国の稲荷神社の総本宮です。千本鳥居は、京都洛南の代表的な観光スポットとして有名です。4月20日に近い日曜日から5月3日までの「稲荷祭」や 11月8日の「火焚祭」には、京都への観光客も大勢押し寄せます。

【観光情報】

料金:拝観無料  時間:祈祷は8時30分〜16時30分
休日:年中無休  駐車場:100台(無料)
アクセス:JR奈良線稲荷駅下車、徒歩すぐ/京阪本線伏見稲荷駅下車、徒歩5分
公式ホームページ:伏見稲荷大社

伏見稲荷大社について、もっとくわしく

伏見稲荷大社

山頂へ向けて、数多くの鳥居がトンネルのように続く千本鳥居

京都駅にもどるには ●徒歩すぐでJR稲荷駅。JR奈良線で、京都駅まで約5分。

MAP「三十三間堂から洛南の寺社へ」の地図を並べて見る

このエリアの観光によいホテル・旅館

●京都洛東(祇園があり、加茂川の向こうは四条です。)
●京都洛中(東山に近く、都会のにぎわいがあります。)


●このページの最初へ


京都観光街めぐり
風の旅
京都観光コース 飾り罫線

京都観光おすすめコース

京都観光コース、人気ベスト4

◎清水寺から知恩院へ


◎嵐山・嵯峨野コースA 嵐山のスタンダード
◎嵐山・嵯峨野コースB トロッコ列車と保津川下り
◎銀閣寺から平安神宮へ
◎金閣寺からきぬかけの路を行く


もっと深く京都を知りたい!珠玉の観光コース

◎詩仙堂と比叡山麓の名庭
◎大原 三千院から寂光院へ
◎三十三間堂から洛南の寺社へ
◎醍醐寺と山科の寺々をめぐる


まだまだ続く京都の魅力!

◎高山寺と三尾の山寺をめぐる
◎下鴨神社から上賀茂神社へ
◎京都御苑から下鴨神社へ
◎大徳寺と西陣周辺
◎京都駅周辺 東西の本願寺と東寺
◎平等院と茶どころ宇治をめぐる


歴史のヒーローを追う京都観光コース!

◎源義経ゆかりの地、鞍馬山
◎新選組の史跡と二条城
◎平清盛ゆかりのお寺と神社


京都のホテルや旅館は、どう選ぶ?

このエリアの観光によいホテル・旅館

風呂おけ ●京都洛東(祇園があり、加茂川の向こうは四条です。)
●京都洛中(東山に近く、都会のにぎわいがあります。)


京都いい店、うまい店 京都観光地図 京都の桜 京都の紅葉 京都のホタル 京都の祭 京都ー交通と旅 京都への修学旅行

京都リピーターのための読んで楽しむ用語集

舞妓 ◎街と暮らし
◎料理と食材
◎神社・仏閣
◎京都の地理
◎歴史と人物
◎京都の謎と不思議に迫る


京都観光街めぐり

街角スナップ

男衆と舞妓さん

男衆といっしょに歩く舞妓さんです。男衆は「おとこし」と読みます。昔から男衆は雑事を一手に手がけ、舞妓さんや芸妓さんは男衆に交渉事などを頼っていました。 そういう関係って、なんとなく「いいな」と思います。