桜の咲く醍醐寺

桜が薫る春の醍醐寺

京都観光街めぐり

京都洛南、醍醐山の麓は、桜もよし、紅葉もよし。自然美しい山里です。また、勧修寺は醍醐天皇によって創建され、随心院では小野小町が暮らし、醍醐寺では豊臣秀吉が盛大な花見の会を催した…と、史跡としても見逃せません。風情ある旧奈良街道を歩いてみましょう。

MAP「醍醐寺と山科の寺々をめぐる」の地図を並べて見る


アドバイス このコースで巡る基本は、勧修寺・随心院・醍醐寺の3寺です。これで十分に楽しめますが、足に自信がある方は、醍醐山を登って山道をたどり、上醍醐寺まで行くと、美しい自然と文化遺産の両方を満喫できます。くつはスニーカーがお勧めです。時間をかけて山科地区をまわりたい方は、金剛王院や法界寺まで足を伸ばしてもよいでしょう。金剛王院と法界寺へ行かない場合は、地下鉄東西線「醍醐寺」でおり、醍醐寺→随心院→勧修寺とたどってもよいでしょう。醍醐寺駅周辺は都市開発が進み、食事するところもたくさんあって便利です。
京都駅からのアクセス ●JR東海道線で「山科」へ出て、地下鉄東西線に乗り換え、「小野」下車。または、地下鉄烏丸線で「烏丸御池」へ出て、地下鉄東西線に乗り換え、「小野」下車。勧修寺までは、徒歩で5、6分です。

入場は、原則として終了時間の30分前までに/移動時間は目安です。

観光キーワード:桜/睡蓮/紅葉

玉の輿伝説が残る醍醐天皇ゆかりの名刹

(かじゅうじ)

勧修寺

京都府京都市山科区勧修寺仁王堂町27-6

平安時代、藤原高藤という貴族が鷹狩りの最中に雷雨にあい、宿を借りました。そして、娘の列子(たまこ)と一夜の契りを結び、列子は胤子(つぎこ)を産み、胤子は後に醍醐天皇を産んだと、『今昔物語』に記されています。勧修寺は、その醍醐天皇によって創建されました。境内には、明正天皇の住まいを移築した宸殿や西院の旧殿だった書院などが並んでいます。優雅で落ち着いた雰囲気のお寺です。

勧修寺について、もっとくわしく

【観光情報】

料金:400円(中学生以下200円)  時間:9時〜16時
休日:無休  駐車場:50台
アクセス:地下鉄東西線「小野」下車、5分

勧修寺

宮中様式の建物と、うるおいのある水辺、借景の山々の自然の調和が美しい勧修寺

↓徒歩10分

観光キーワード:小野小町/はねず踊り/桜/紅葉

小野小町の住居跡

(ずいしんいん)

随心院

京都府京都市山科区小野御霊町35

この一帯は小野氏の根拠地です。絶世の美女であり、一級の歌人でもあった小野小町の出身地でもあります。随心院は、小野小町が晩年をすごした家の跡と伝えられています。1000通もの恋文を埋めたとされる文塚や、化粧に使ったという井戸も残されています。梅の季節のはねず踊りは、よく知られています。

随心院について、もっとくわしく

【観光情報】

料金:400円(中学生300円)  時間:9時〜16時30分
休日:なし(寺の行事で休みあり)  駐車場:あり
アクセス:地下鉄東西線「小野」下車、5分
公式ホームページ:随心院

随心院の庭

美しく映える夏の随心院

↓徒歩12分

観光キーワード:世界文化遺産/桜/紅葉/豊臣秀吉

豊臣秀吉が花見の会を催した桜の名所

(だいごじ)

醍醐寺

京都府京都市伏見区醍醐東大路町22

醍醐山の広いエリアを寺域とする広大な寺院です。醍醐寺は、麓の下醍醐、山上の上醍醐に分れています。足に自信があれば、上醍醐をめざしてもよいでしょう。ただし、片道約1時間半くらいかかります。豊臣秀吉が行った花見の宴は、「醍醐の花見」と呼ばれ、今に伝えられています。

醍醐寺について、もっとくわしく

【観光情報】

料金:三宝院・伽藍・霊宝館・上醍醐 各600円(小学生無料、中学生・高校生300円/霊宝館の仏像拝観は別途200円)
※三宝院・伽藍・霊宝館のうち2ケ所以上まわる場合は、割安の共通券あり。

時間:3月〜12月第1日曜日=9時〜17時(上醍醐は16時まで)
   12月第1日曜日の翌日〜2月末日= 9時〜16時(上醍醐は16時まで)
   ※桜の時期は延長あり/霊宝館は春、秋、冬の公開時期のみ
休日:なし(寺の行事で休みあり) 駐車場:あり(約100台/有料)
アクセス:地下鉄東西線「醍醐」下車、10分
※京都駅からは八条口から京阪バスに乗り、「醍醐寺」で下車するのが便利です。
公式ホームページ:醍醐寺

醍醐寺、五重塔

醍醐寺、五重塔


醍醐寺、金堂

醍醐寺、金堂

京都駅にもどるには ●地下鉄東西線「醍醐」駅まで徒歩10分ほど歩き、「山科」でJRに乗り換え、京都駅へ向かいます。

●金剛王院や日野薬師へ足を伸ばす

山科エリアには、あまり知られていないけれど味わいのある小さなお寺や神社が点在しています。金剛王院と日野薬師もそのひとつ。余裕があれば、まわってみましょう。醍醐寺から金剛王院までは徒歩では15分ほどかかるので、タクシーに乗り、10分ほど待ってもらって拝観し、日野薬師まで行くのもよいでしょう。

観光キーワード:千手観音/ヤマモモ

願いをひとつだけかなえてくれる観音様あり

(こんごうおういん/いちげんじ)

金剛王院(一言寺)

京都府京都市伏見区醍醐一言寺裏町21

醍醐寺の塔頭で、真言宗醍醐寺派の別格本山です。本堂の軒下の額に「たヾたのめ 佛にうそは なきものぞ 二言といわぬ 一言寺かな」とあり、安置されている千手観音は、願いを心から念じれば、ひとつだけかなえてくれると言われています。

【観光情報】

料金:無料  時間:9時〜17時  休日:なし  駐車場:あり(20台)
アクセス:京阪バス「一言寺」下車、10分

金剛王院

金剛王院

↓徒歩30分

観光キーワード:阿弥陀如来/薬師如来

子宝祈願、安産祈願に

(ひのやくし/ほうかいじ)

日野薬師(法界寺)

京都府京都市伏見区日野大道町19

藤原氏一族の日野氏の氏寺です。阿弥陀堂に安置された阿弥陀如来像は、国宝。また、薬師堂にある薬師如来の体内には薬師如来の小さな像が納められていることから、子授や安産のご利益があると信仰されています。

【観光情報】

料金:500円(小中学生200円) 時間:9時〜16時30分  休日:不定休
駐車場:8台(無料)  アクセス:京阪バス「日野薬師」下車、10分

京都駅にもどるには

●「日野薬師」のバス停で六地蔵行きの京阪バスに乗り、「石田」で下車し、地下鉄東西線「石田」へ向かうか、20分ほど歩いて「石田」へ出ます。 「石田」からは京阪電車に乗って「山科」でJRに乗り換え、京都駅へ向かいます。

MAP「醍醐寺と山科の寺々をめぐる」の地図を並べて見る

このエリアの観光によいホテル・旅館

●京都洛中(京都の中心地となる繁華街です。)
●京都洛東(祇園を中心とする、風情ある地域です。)

●このページの最初へ


京都観光街めぐり
風の旅
京都観光コース 飾り罫線

京都観光おすすめコース

京都観光コース、人気ベスト4

◎清水寺から知恩院へ


◎嵐山・嵯峨野コースA 嵐山のスタンダード
◎嵐山・嵯峨野コースB トロッコ列車と保津川下り
◎銀閣寺から平安神宮へ
◎金閣寺からきぬかけの路を行く


もっと深く京都を知りたい!珠玉の観光コース

◎詩仙堂と比叡山麓の名庭
◎大原 三千院から寂光院へ
◎三十三間堂から洛南の寺社へ
◎醍醐寺と山科の寺々をめぐる


まだまだ続く京都の魅力!

◎高山寺と三尾の山寺をめぐる
◎下鴨神社から上賀茂神社へ
◎京都御苑から下鴨神社へ
◎大徳寺と西陣周辺
◎京都駅周辺 東西の本願寺と東寺
◎平等院と茶どころ宇治をめぐる


歴史のヒーローを追う京都観光コース!

◎源義経ゆかりの地、鞍馬山
◎新選組の史跡と二条城
◎平清盛ゆかりのお寺と神社


京都のホテルや旅館は、どう選ぶ?

このエリアの観光によいホテル・旅館

風呂おけ

●京都洛中(京都の中心地となる繁華街です。)

●京都洛東(祇園を中心とする、風情ある地域です。)

京都いい店、うまい店 京都観光地図 京都の桜 京都の紅葉 京都のホタル 京都の祭 京都ー交通と旅 京都への修学旅行

京都リピーターのための読んで楽しむ用語集

舞妓 ◎街と暮らし
◎料理と食材
◎神社・仏閣
◎京都の地理
◎歴史と人物
◎京都の謎と不思議に迫る


京都観光街めぐり