3月の京都の花

桜


京都全域


3月の京都の祭り・行事

嵯峨お松明

嵯峨お松明


東山花灯路

東山花灯路




〜原則として、終了時間の30分前までに入場してください。
〜天候等により日時が変更される場合や中止される場合もあります。

3月1日(水)〜4月3日(月)

宝鏡寺/春の人形展(10:00〜16:00)

皇室とのゆかりが深く、歴代の門跡の多くが皇女であった宝鏡寺で、尼たちが愛した人形が公開される。 宝鏡寺

3日(金)

ひなまつり/桃の節句

京都各地の神社やお寺で桃の節句が行われる。たとえば次のようなところがある。
上賀茂神社(桃花神事)
三十三間堂(春桃会)
貴船神社(桃花神事)

3日(金)〜12日(日)

京都・東山花灯路(18:00〜21:30)

清水寺から八坂神社や青蓮院に至る道々が、美しくライトアップされる。夜のそぞろ歩きが楽しい。なお、「花灯路」は「はなとうろ」と読む。
京都・東山花灯路

9日(木)

貴船神社/雨乞祭(10:00〜)

京都の水神であり、恋の神でもある貴船神社で、雨乞いの神事が行われる。
貴船神社

3月13日(月)〜5月13日(土)

法輪寺/十三まいり

京都では古くから数え年で13歳になると、法輪寺にお参りに行き、知恵を授かる風習があった。今でも、この期間は子ども連れの参拝客とよく出会う。 法輪寺

14日(火)〜15日(水)

清水寺/青龍会(14:00〜15:30)

清水寺を守る観音様の化身とされる龍の伝説にちなみ、龍の踊るようすが演じられる。龍を演じる人々は、境内を練り歩く。
清水寺(本サイト内)

15日(水)

嵯峨釈迦堂(清凉寺)/嵯峨お松明(20:30〜)

釈迦が入滅し、荼毘に付されるようすを再現したものと言われる。高さ約7m余りの3本の松明から巨大な炎が燃えさかるようすは壮観。
嵯峨お松明

17日(金)

八坂神社/祈年祭(10:00〜)

秋の五穀豊穣と国家安泰を祈念する祭である。巫女は神楽笛、太鼓、篳篥(しちりき)の音に合わせ、「天地の神にぞ祈る朝なぎの海の如くに波たたぬ世を」の歌を歌い、舞う。
八坂神社

3月20日(月)〜5月25日(木)

東寺/宝物館春期特別展

東寺が秘蔵する寺宝の中からさまざまなものが抜粋して公開される。国宝や重要文化財も数多い。
東寺

21日(火)

東寺/弘法市(8:30〜17:30)

弘法大師(空海)が亡くなった3月21日にちなみ、毎月21日に骨董、古着、日用品などの市が立つ。東寺弘法市

25日(土)

北野天満宮/縁日・天神市(ライトアップは21:00まで)

祭神、菅原道真の誕生日である6月25日と世を去った2月25日にちなんで、露店が並び、夜はライトアップされる。北野天満宮

3月25日(土)〜4月7日(金)

上七軒歌舞練場/北野踊り(13:00/16:00の2回)

京都の旧花街である上七軒で、舞妓さんや芸妓さんの華やかな舞が演じられる。 上七軒歌舞会

26日(日)

随心院/はねず踊り(11:00/12:30/13:30/15:50)

薄紅色のことを古くは「はねず」といい、梅が咲く季節に、小野小町の生家と伝えられる随心院で踊りが催される。
随心院(本サイト内)

3月末〜4月初め(日程は公式サイトにて)

京町家、杉本家/春の特別一般公開(13:00〜17:00閉館)

京都で最も重要な町家のひとつ、杉本家で春の特別公開が行われる。通常は見ることができない町家の中や展示物を見ることができる。有料。
奈良屋記念杉本家保存会

京都観光街めぐり

2月へ

4月へ

(c)このホームページのコンテンツは著作権法により保護されています。無断転載を禁じます。