1月の京都の草花

ナンテン

ナンテン
平安神宮、善峯寺など


1月の京都の祭り・行事

大的大会

三十三間堂の大的大会




〜原則として、終了時間の30分前までに入場してください。
〜天候等により日時が変更される場合や中止される場合もあります。


1日(元旦)

初詣

京都中の神社とお寺で初詣の参拝が行われる。有名な神社仏閣は多いが、観光として楽しいのはたとえば次のようなところである。
伏見稲荷大社(全国の稲荷神社の総本山。)
北野天満宮(学問の神様、菅原道真を祀る。)
地主神社(恋の神様。清水寺の中にある。)

3日(日)

八坂神社/かるた始め式(13:00〜)

祭神である素戔嗚尊(スサノオノミコト)が、櫛稲田姫命(クシナダヒメ)との結婚に際し、そのよろこびを「八雲立つ…」と歌に詠んだという言い伝えにちなみ、日本かるた院本院による奉納が行われる。 八坂神社

4日(水)

下鴨神社/蹴鞠はじめ(13:30〜)

平安時代、貴族の遊びであった蹴鞠が行われる。鞠が自分のところに来たら、受け止めて、態勢を整え、最後に蹴るという三足で蹴って次の人にまわすのが基本とされる。 下鴨神社

7日(土)

貴船神社/若菜神事(11:00〜)

邪気を祓うために七種の野草を入れた粥を御神前に供する。運がよければ七草粥を味わうことができる。雪中の観光になることも多い。
貴船神社

12日(木)

伏見稲荷大社/奉射祭(14:00〜)

神職によって弓を射る儀式が行われ、矢の当たり方によってその年の吉凶を占う。
伏見稲荷大社

15日(日)

三十三間堂/楊枝のお加持・大的大会(9:00〜15:30)

楊枝のお加持は、平安時代からの伝統があるインド伝来の修法。聖なる樹とされる楊枝(やなぎ)で法水を参拝者に注いで、病気を除く。
大的大会には全国から弓術をたしなむ人が集まり、弓矢の技を競い合う。 三十三間堂

16日(月)

上賀茂神社/武射神事(11:00〜)

神職が裏に「鬼」の字を書いた的に矢を放って悪鬼を追放する。そのあと小笠原流近畿菱友会の会員が矢を射て1年の邪気を払う。
上賀茂神社

21日(土)

東寺/初弘法(9:00〜16:30)

弘法大師(空海)が亡くなった3月21日にちなみ、毎月21日に骨董、古着、日用品などの市が立つ。この日は1年で最初の弘法市なので、初弘法という。東寺弘法市

25日(水)

北野天満宮/初天神(ライトアップは21:00まで)

祭神、菅原道真の誕生日である6月25日と世を去った2月25日にちなんで、露店が並び、夜はライトアップされる。この日は1年で最初の天神市なので、初天神という。北野天満宮

知恩院/法然上人御祥当月法要(10:30〜)

法然上人の命日に遺徳をしのんで行われる。この日は知恩院内のあちこちで読経の声が響く。知恩院

京都観光街めぐり

12月へ

2月へ

(c)このホームページのコンテンツは著作権法により保護されています。無断転載を禁じます。