ラスベガスのカジノをより良くするためのプロセス

周囲が最高潮に達し、高額ギャンブラーが夢に見そうなほどのお金を賭けている夜間に、カジノを歩き回ってみてください。煌めき、魅力、そして気品といったイメージに溢れかえっています。ここでは「賭け」という視点ではなく、カジノが顧客に質の高い出会いを確実に提供してくれる環境です。また、ギャンブラー各自のドレスコードは、こうしたイメージと雰囲気を構成する大きな要素です。

カジノでのドレスコード

カジノのドレスコードは、他の全ての人がホテルで会っても大丈夫なように規定されています。また、適切なスーツ、飲み物、葉巻はOKで、短パンやタンクトップはNGです。ある程度のカジュアルは許容されますが、カジノに着て行くものには間違いなく意識的な制限がかかります。ドレスコードは、カジノ内の全ての場所で守らなければならない訳ではありません。個別のポーカールームでよりリラックスした服を着るとその場にいないかのように扱われる可能性があります。一方、施設内を歩きまわるだけなら、よりくだけた着方もできます。いずれにせよ、非常に大きな気晴らしとなり多数の人を惹きつけるカジノフロアの大部分で賭けを楽しむなら、そこはドレスアップしなければなりません。

夜会服

カジノで自信をもって素晴らしいと思えるものを着たいなら、ホワイトタイまたはブラックタイでしょう。ホワイトタイは、音楽会やアカデミー賞授賞式に着用できるタイプです。絶対的ナイトドレスとも呼ばれるホワイトタイでは、男性は黒い燕尾服、ローカットの白いドレス、白いボタンアップシャツ、それに白いネクタイを着ます。女性は長い夜会服を着る必要があります。装飾品と手袋は任意ですが、見かけ全体をまとめてくれます。様々な店で男性用白ネクタイや女性用イブニングを購入できます。ブラックタイは、ある程度は緩いドレスコードと言えるかもしれません。男性の服装の主な特徴として、黒い蝶ネクタイ、ローカットの暗色ペチコート、白いドレスシャツがあります。また女性はある程度自由にカクテルドレスやアクセサリーを身に着けます。

グループでラスベガス行く服装

ビーチに行く必要がある場合、下着っぽいクラブ服でのプールパーティーはおあずけです。近隣の宿泊施設付きプールに行きましょう。目を閉じて一息ついたり日光浴をしたりできる(どちらも必要になります!)使いやすい場所があります。プールパーティーで着るのと同様の魅力的なスーツを着て上着を羽織るべきですが、凝ったデザインや、化粧、ヘアは必要ありません。スタイリングに苦労することなくどうか時間を楽しんでください。

ラスベガスのレストランでの服装

ラスベガスの飲食店は、親切で楽しい場所です。世界で最高のシェフが作ったおいしい料理が待っています。大体はしばらくしてからクラブに行く可能性があるので、ドレスやヒールなどのよりフォーマルな服装をすると、はるかにいい気分になれます。お互いに仲間と合わせた服を着る必要もあるでしょう!多くの場合、そうしに来たのですから!ラスベガスで次にやることとして、豪勢な飲酒とパーティーがあります。着たいものを好きに着ればいいかも知れませんが、厳しいクラブ用の服より寛いだ感じに見せることをお勧めします。